明治元年95号

太政官日誌 第九十五
明治紀元戊辰年秋九月

【若松城下ノ戦】
九月廿四日越前藩届書写
越後守先隊若松城下近邑所々之賊巣追撃之内当月十一日栃屋政之助一小隊岩国一小隊松代一小隊ト共ニ藤沢村ヨリ小荒井村へ打入熊倉村賊ノ屯所へ相向候処賊進退相窮候哉必死之勢ニ而多勢八方ヨリ打出烈敷致発砲苦戦相成候付岩国松代勢共追々揚取政之助隊ハ下台小荒井両村之間小田月縄手ニ踏止リ防戦致シ候処賊小荒井村ヘ忍込致放火三方ヨリ燃上リ前後ニ敵ヲ受ケ極々苦戦力闘夕八半時過ヨリ暮六ツ半時迄之間ニ弾数六千余モ発射致シ候其節死傷別紙之通御座候其内御親兵並長州干城隊等応援罷越漸ク同所持固メ同夜岩国松代勢共縄手ニ相守居翌十二日朝境村迄各藩一旦揚取政之助隊ハ又復塚原村ヘ致進撃候弊藩大砲隊ハ四日館ケ原宮月之賊打払候後追々相進候処十日船岡屯集之賊致掃撃候様御達ニ付黎明広野村迄繰出シ長州松代等之小銃隊ト共ニ大砲烈敷発射其節一人手負申候賊敗走小布瀬原慶徳両村之間惣三峠卜申所ニ而踏止リ致防戦候ニ付忽砲ニテ榴弾十四五発射之処悉ク的中ス敵又復敗遁ニ付直ニ尾撃致シ慶徳村ヘ撃入候処夕方御達ニ付小荒居村迄相進候且又若松城下ヘハ十日五番遊撃隊繰入其余渡辺隼太隊ハ勝方村武曽権左衛門隊ハ青木村林藤五郎隊ハ山崎ニ出張専ラ進撃致シ追々若松ヘ進入之筈ニ御座候右ハ家来東郷平太夫去ル十三日坂下村出立罷帰相達候概略先御届申上候以上
九月廿四日
〈松平越前守家来〉堀庸之介
討死 〈栃屋政之助隊〉 太西孝左衛 前田喜平
深手 川合庄之介 松森弥右衛門
山口賢之介
浅手 小林児十郎 高橋喜一郎
笠原幸太郎 増永磯之介
〈大砲組〉森川十助
右之通御座候以上
九月
【京都御警衛ソノ他ノ事】
同廿五日御沙汰書写九通
【○軍務官両局廃止ノ事】
軍務官
其官裁判所御用掛之両局自今被廃候事
【京都御警衛ノ事】
○各通 安藤飛騨守
平野内蔵助
竹腰伊予守
非常之節粟田口ヘ援兵繰出候様被仰付候事
○各通 紀伊中納言
松前敦千代
前田丹後守
伏見口同文
○各通 池田久米之助
久松隠岐守
山名主水助
鳥羽口同文
○各通 伊達遠江守
伊達鍗之助
毛利左京亮
丹波口同文
○各通 戸田丹波守
秋月長門守
長坂口同文
○各通 松平能登守
阿部主計頭
大田備中守
内藤金一郎
鞍馬口同文
○各通 五島飛弾守
内藤若狭守
建部内匠頭
大原口同文
【高松少将ヘ御沙汰ノ事】
○高松少将
其藩累年崇徳帝御陵守護相勤猶又今般還遷御用向且御途中御警衛ニ至迄打続尽力致シ無滞御還遷相成功労不少段神妙之至御満足ニ被思召候依之賜此品候事
九月
【常州土浦ノ戦】
同日土浦藩届書写
当四日暁徳川藩士ノ旨申聞斎藤辰吉吉沢峰松ト申者外三人相模守城下川口町旅店ヘ罷越火急之用向ニテ町奉行ヘ面会致度旨申出候付町奉行附属之者差出為及応接侯処疑敷廉モ有之候ニ付彼是手当中右附属之者置手紙致シ木原村ヘ出船仕候趣ニ付猶更事情探索旁代官ノ者其外共両人同村ヘ差出侯処行違ヒ翌五日暁脱走人数百人領内ヘ向操込候趣相聞候ニ付不取敢夫々ヘ人数致分配隊長一色沖之丞兵隊引率出張桜川要所銭亀川迄操出候処操込来候脱走人俄ニ西之方ヘ逃去候ニ付追撃仕候処至窮ノ賊兵足並早何分ニモ難追付其内城下ヨリ二里程西方大村ト申所ニテ賊兵ニ追付候処五拾人余降伏ス猶残賊追討ノ為メ北条村迄進軍仕猶又後援トシテ奥田図書兵隊引率城北藤沢村ト申所迄出張候処賊兵既下妻ノ方ヘ逃去候趣ニ付猶更進撃可致ノ処城下人数手薄ニテ残賊寄来候趣報告モ有之候ニ付遠方迄ノ追撃何レニモ無心元不得止人数領内ヘ取纏厳重守衛罷在侯右降参人之儀者兵器取揚是又厳重取締申付置候姓名並兵器員数等取調之上御届可申上候得共先此段御届申上候様相摸守申付越候以上
九月廿五日
〈土浦藩隊長〉杉村弘之允
去ル八日別紙之通於東京相摸守家来ノ者ヨリ大御総督府及ヒ御鎮将府ヘ御届申上候旨申越候此段御届奉申上候以上
九月廿五日
〈土屋相摸守家来〉尾木汀
【灯明台築造ノ事ソノ他】
同廿七日御沙汰書写三通
【○灯台築造ニ付英匠出張ノ事】
各通 薩州
土州
紀州
今度海岸要所ヘ灯明台築造被仰付候ニ付地所為可相撰其国器械匠一人長谷川三郎兵衛同伴火船ニテ其地ヘ見分ニ被差立候ニ付着船之上ハ万端不都合無之様可取計事
但不日横浜出帆ニテ大坂着船之上直ニ発向相成候事
【福岡四位御用掛被免】
○福岡四位
議事体裁取調御用ニ付東下被仰付候処依所労不克其儀旨願出之段被聞召候就而ハ右取調之儀東西相隔侯テハ難整ニ付御用掛被免候事
【御使平松甲斐権介ヘ御沙汰ノ事】
○平松甲斐権介
先般奥州官軍慰労之為メ御使トシテ被差向侯処賊徒蝟集険阨之地数百里往返速ニ復命之段彼是苦労ニ被思召候旨御沙汰候事
九月
【若松城外船渡ノ戦】
同日彦根藩届書写
九月五日越後口ノ屯賊追払候様御沙汰ニ付弊藩人数若松城出発高久村近傍所々ニ於テ諸藩斥候隊ニ相加リ賊徒追却直様船渡村ヘ進撃仕候処賊徒共同村山手川筋等所々散布砲発致候ニ付急速進撃双方共掃却仕候其節討取分取味方手負等別紙之通ニ御座候右若松出先分隊ヨリ申越候条此段御届申上候以上
九月
〈彦根中将家来〉河手主水
別紙
首 一級 討取人 〈青木十郎次隊〉奥田本次郎
同上 同〈三浦九右衛門隊〉北村膳之進
同上 同〈小泉弥右衛門隊之者〉討取之
大砲〈但旋条砲〉一門 大砲玉 二十七
合薬 六十貫目
手負 〈三浦九右衛門隊〉小林良之輔 平田賢造
鯰江銀蔵 小沢雅次郎
右者九月五日若松表ヨリ船渡村ヘ追撃之節討取分取味方手負ニ御座候以上
九月
〈彦根中将家来〉河手主水
奥州若松ヨリ船渡村ヘ進撃御届書一通於奥州出先御総督府ヘ御届申上侯段申越候ニ付写ヲ以御届申上候様中将申付候以上
九月廿七日
〈彦根中将家来〉横内平右衛門