慶応4年37号

太政官日誌第丗七
慶応四年戊辰夏六月

【秋田援兵歎願ノ事】
久保田藩届書写
兼而沢様ニ御附属仕居候弊藩杉浦九郎ト申者、五月廿七日秋田領大館ト申処出足、箱館ヘ罷越、同所ヨリ乗船、六月七日横浜着船、昨廿一日御当地ヘ到着仕候、右之者申立候趣、左ニ奉申上候
一、京都並江戸ヘ差向、秋田ヨリ都合四組、飛脚差立候得共、通路悉ク敵地ニ相成候故、空敷中途ヨリ引帰候由
一、五月九日、沢三位様秋田城学館ヘ御着、尤薩長筑之兵士等、三百五十人許御付添申上居候由、同所ヘ主人中将モ罷出、御面謁仕候、此頃ヨリ四境多分敵ニ相成、賊徒頻ニ相迫候ニ付、因循論モ差起リ、沢様御安心之御場合ニモ至リ兼、箱館之方ヘ御越之趣ニテ、同日御出立ニ相成候処、津軽ニ両弊藩ノ大木ヲ切倒シ、御通路ヲ差塞、南部モ同様之趣ニ付、大館ハ一門佐竹大和之居城ニテ堅固ノ場所柄ニ付、同所ニ御滞留其内弊藩ヨリ及応接候処、此節ハ両藩共模様相替リ候得共、猶沢様ハ同所ニ御滞留、其後能代湊ヘ御移之由
一、仙台其外諸賊共、秋田之領口ニ迫り、沢様ト薩長ノ二藩士トヲ引離シ候様、厳重ニ申入候ニ付、弊藩モ一応ハ俗論差起リ候処、此節者議論モ一定ニ相成官軍ト共ニ斃候覚悟罷在候由
一、右以前、奥州白石ヘ罷越候弊藩戸村十大夫金大之進ト申者、自己之了簡ヲ以、其盟約書ヘ調印ニ及候処、帰国後主人ヨリ叱申付改而仙台ヘ使者トシテ、江間伊織、根岸靭負ト申者差遣シ、右調印之儀ハ、中将申付候儀ニハ無之、十太夫等一巳之所存ニ候旨断ニ相成候由
一、閏四月十九日ヨリ同廿三日迄、庄内ト三ケ度及戦争候、其節物頭中山隆吉、使番寺内軍冶卜申者、外ニ従卒一人討死、手負モ七八人有之、尤賊徒一人生捕候処、其者ノ申口ニテハ、賊徒ハ八十人計死亡之由、其後諸藩之兵引揚候ニ付、弊藩一手ニ相成候故休兵仕候由
一、九条様、醍醐様ニモ、不日南部ヨリ秋田ヘ御入之趣ニ付、為御迎、弊藩ヨリ河野総一郎、高久祐助、和久平之丞ト申者ヲ、南部ヘ差出候、尤御警衛之官軍千二三百人ハ御付添仕居候由
右者申立候侭書取候間、程能御取捨被下度奉願候、就而者此上弥四境ヨリ賊徒襲来候ハゞ素ヨリ柔弱不振之弊藩、防禦之道モ有之間敷実ニ累卵之勢ニ御座候間、速ニ御援兵御差向無之候ハゞ、秋田モ賊手ヘ陥リ候場ニモ立至リ可申、然ル時者御鎮撫使様ニモ甚御危殆之場合ニ付、急速秋出ヘ大軍御差向ニ相成、夫ヨリ賊地御討入ニ相成候ハゞ、御手順モ宜敷御事ト奉存候、呉々国情御憐察被成下度、偏ニ奉懇願候、以上
六月廿二日
秋田中将家老
真崎兵庫

大垣本支両藩届書写
越後路ヘ出進罷在候采女正淡路守人数之儀、長岡城ヨリ五里程手前、桂沢ニ在陣之処、当月八日赤坂並亀崎村両所ヘ、分隊進軍仕候
一、右赤坂山ヘ向進軍之人数、賊ノ台場取崩シ要所ニ台場築立、相備罷在候処、同十三日夜半ニ至リ、間道ヨリ台場際山上ヘ賊徒多勢侵入、烈敷及発砲候ニ付.一ト先台場引揚、要所ヘ備替、大小砲ヲ以及防戦居候所翌十四日ニ至リ、長州、高田之両藩為援兵参着ニ付、合兵之上、昼夜共尽力相戦候処十五日九ツ時頃ニ至リ、弊藩人数、銘々所持ノ弾薬尽果候ニ付、何レモ抜刀ヲ以差迫候処、賊敗走及退散候ニ付、其機ニ乗シ拾丁余相進、賊ノ台場所々取崩、栃久保峠ニ台場築立、相備罷在候
一、前書亀崎村ヘ分隊人数ヨリ斥候差出候処椿沢村、田井村両所ニ台場築立、賊徒多人数屯集ノ趣ニ付.早速亀崎村ニ台場築立、相備罷在候処、当月十三日夜半ニ至リ、賊方台場其外間道ヨリ、烈敷及発砲候ニ付、大小砲ヲ以及防戦、昼夜共尽力候得共、賊ハ多勢、当手ハ小勢、未タ援兵モ無御座、十五日ニ至リ勝敗不相分、甚以苦戦罷在候儀ニ御座候
右之趣、出陣先ヨリ申越候、尤両藩人数ノ内死傷左之通ニ御座候、賊死傷不少趣ノ段モ申越候、此段御届申上候、以上
六月廿五日
戸出淡路守家来
有竹衛門
戸田釆女正家来
壮合渚之介

采女正人数
死 銃隊差図役 川喜多総助
死 銃隊 広瀬久三郎 子安由之介
傷 銃隊 田辺三之助 水谷重吉
清水秀次郎 長屋哲蔵
大橋兵之助 武藤逸鹿
安藤三和吉
淡路守人数
傷 銃隊 井本彦輔
以上

【越後口ノ官軍苦戦ノ事】
加賀藩届書写
賊徒、北野村ニ屯集罷在候ニ付、六月二日払暁、弊藩近藤新左衛門、金子篤太郎並富山藩宮崎久兵衛共三小隊、一砲門曁薩州高田兵出雲崎ヲ出、島崎村迄相進、近藤隊ヨリ斥候ヲ掛候処、賊徒ノ間諜ニ行逢、即一人ヲ生獲致シ、因而按軍、彼ヨリ挑戦候ヲ相待、惣軍二手ニ分チ、近藤、金子隊等ハ従本道、宮崎隊等ハ従山路、両軍トモ致進撃候処、賊険ニ拠リ、兵ヲ三所ニ分チ、厳敷射下シ、本道ノ軍既ニ及苦戦候ニ付、薩藩一隊為応援相進、且山路ノ軍モ既ニ賊ノ後ニ出、致横撃候ニ付本道ノ軍是ニ得力、奮戦及数刻候処、斉藤与兵衛隊進撃承之致砲戦候、時夜ニ入候ニ付、惣軍出雲崎ヘ引上申候
右二日戦争概略事情不取敢御届申上候、其節死傷等別紙之通ニ御座候、以上
六月
加賀宰相中将内
神戸直次郎

奥羽征討越後口
御総督府
近藤新左衛門隊
池田喜一郎
小倉覚兵衛
右両人、賊間諜神田敬之丞ナル者ヲ召捕、小銃一挺携罷在
近藤新左街門隊
手負 草野五郎左衛門 市村伊左衛門
田中次郎左衛門 島野勘太郎
帰山宗七郎 未岡茂三郎
島田雅之助 渡辺直太郎
金子篤太郎隊
戦死 金子栄五郎 野村吉太郎
手負 山本勇太夫 森川貞次郎
植生田惣八郎 長谷川常三郎
斎藤与兵衛隊
中越又助 夫卒 一人
右之通御座候
当月二日、越後北野村ニ於テ戦争之次第、別紙写ノ通、御総督府ヘ及御届候旨申越候間此段御届申上候、以上
六月廿七日
加賀宰相中将内
里見亥三郎

飯田藩届書写
先達而御届申上候越後出張ノ弊藩兵隊、浦村ニ而川ヲ隔テ、青島村、前島村ノ敵ト対陣、五月廿日松代藩、弊藩ヨリ斥候之者差出候処、賊兵散走、弊藩ニテ分捕候品左之通
一、テント 三張 一、含灯 六
一、松明 二十本 一、小銃弾薬 千五十発
一、幕 半張 一、細引 七筋
一、藁履 四十足 一、スカリ 一
同月廿一日、浦村ヨリ長岡城下ヘ繰込、四郎丸村ヘ為斥候、人数分隊差出置候処、同月二十三日夜、同所ヨリ半里程先、棲吉村福照寺ヘ、何者歟四人来、薩州藩ノ由申、預ケ置候長持、相渡候様申聞候旨、四郎丸村屯所ヘ申出候ニ付、高田藩、弊藩、早速馳付候処、最早加州藩ヨリ馳付、太刀打始候ニ付、直様討入三藩ニテ賊一人討取、高田藩ニテ一人庇為負候処、賊逃去候ニ付、高田藩ニテ発砲致シ候得トモ、夜中故何方ヘ逃去候歟知レ不申候由同月廿六日、成願寺村ヘ進軍、右ハ会津、若松ヘノ間道ニ有之由、右村ヨリ一里程先、盛立峠ト申処ヘモ、分隊人数差出置候処、本月八日辰刻、斥候ノ者馳帰、敵多人数押寄候旨申出候ニ付、直ニ弊藩、一小隊繰出シ、相進候処、賊兵兼而同所ニ築有之候、土居ヲ楯ニ取リ、頻ニ大小砲打立、敵ハ地利ニ拠リ候間、味方甚苦戦、少ク踆巡候得共、一同奮激発砲相進候得共、兎角味方地利ヲ不得候間、横合ヨリ敵ノ側面ヲ可打ト、長藩並弊藩辻元孫吉分隊ヲ率テ敵ノ横合ヨリ間近ニ押寄打立候処敵ヨリモ応発、右孫吉砲丸ニテ戦死、甚苦戦ニ候得共、弊藩本隊モ相進、奮戦打立候処、敵数人手負有之様子ニテ、追々退候ニ付、附入相進候処、敵遂ニ散走致候ニ付、程合見計引揚申候、此時申刻過ニ相成、終日之戦兵士労レ候ヘトモ、猶又七八丁モ進軍、其夜野陣ニテ固メ居候、此戦少々分捕等モ有之由ニ候ヘトモ、委細ハ不申越候、弊藩討死、手負左之通
討死 司令官補 辻本孫吉
同 杉本愿蔵隊 矢沢常太郎
手負 夫卒一人 山村金弥
去月以来、討死、手負等有之候ニ付、先達御届申上候、甲州ヘ出兵人数ノ内、越後ノ方ヘ相廻シ、猶又此度増人数差出申候
右之趣、出先之者ヨリ申越候ニ付、御届申上候様、美濃守申付越候、此段申上候、以上
六月廿八日
堀美濃守内
淡路藤橘