慶応4年80号

太政官日誌第八十
慶応四年戊辰秋九月

九月七日御沙汰書写三通
秋田中将
其方儀、祖先勤王忠節之遺志ヲ承述シ、闔藩奮起、賊中ニ孤立シ大義ヲ唱ヘ賊使ヲ戮シ、自ラ出馬醜類ヲ進撃シ、近隣諸藩ヲ鼓舞セシメ候趣、達宸聴叡感不斜候、依之別紙之御二品賜候、益以諸軍ト戮力、賊巣ヲ平ケ、速ニ可奏成功様御沙汰候事
九月
別紙
御召古
冬御直衣 一領
御剣 一口
以上
○九条左大臣
今般箱館表ヘ兵隊御差向ニ相成候ニ付、沢三位、醍醐少将両人之中一人、為総督出張可為致並参謀、軍監等撰任、令引連候様可取計旨御沙汰候事
但久我大納言ヘモ同様御達ニ相成候間、申合可取計事
○久我大納言
今般箱館表ヘ以下同文
但九条左大臣ヘモ同様御達ニ相成候間、申合可取計事

【奥州相馬口ノ戦】
同日安芸藩届書写
奥州相馬口出張弊藩、川合三十郎隊、七月廿八日朝、奥州北田村出立、富岡駅ヘ着、夫ヨリ長州藩ト申合大砲一門繰出シ千代岡原ト申所ニ至リ候処、賊徒ニ三ケ所ノ砲台ヨリ発砲イタシ候ニ付奮激相掛リ候得共、何分賊ハ多人数、故ニ苦戦ナカラ相進ミ砲台近辺ニ相成、隊長高間省三、砲手十二三人引卒砲台ヘ乗入、賊徒ヲ切払、遂ニ熊野駅迄繰込同廿九日、熊野ヨリ浪江通進撃、途中賊徒相支候ニ付、間近ク相進、省三直ニ切込候処賊放火逃去候ニ付、直ニ新山迄繰込、八月朔日、諸藩本道、山手、浜手、夫々手配進撃、弊藩ハ本道先鋒ニテ相進候処、賊徒共浪江口ニテ大ニ防戦、殊ニ味方少人数且雨中ニテ苦戦ニ候得共、遂ニ賊ノ砲台ニ切込、追払候而浪江駅ヘ繰込申候、其節死傷左ノ通御座候趣出先ヨリ申越候間、不取敢御届申上候、猶巨細之儀ハ取調御届可申上候、以上
討死
隊長 高間省三 銃手 木村徳三郎
手負 十三人
九月七日
安芸少将家来
熊谷兵衛

【仙台藩軍師原捨右衛門ノ事】
同日備前藩届書写
奥州地戦争之趣者、追々御届申上候通ニ御座候、猶又取調候処、生捕ノ分相洩居由候間此度御届申上候
六月廿八日、泉城ヘ宿陣之節、同夜番兵巡邏之砌、賊徒遊撃隊一人、仙台藩二人生捕、翌日平城ヘ進撃之節、斬首仕候
七月六日払暁湯本見張番所ヘ、賊徒襲来之節、賊一人生捕、糾問仕候処、仙台藩出先軍師原捨右衛門ト名乗、年齢四十二歳之由、依之大義順逆申聞条処、頗悔悟之趣ニテ同藩出先早々帰順可致旨書面相認候ニ付、即平城ヘ相届申候、其後参謀衆ヨリ差図モ有之ニ付、格別ニ割腹差許候上、梟首仕候
七月十三日、平表落城之翌暁、平藩一人、仙藩一人、生捕斬首仕候
七月廿四日仁井町屯集之賊攻撃之節、前衛隊ニテ賊徒一人生捕、斬首仕候右之通御座候、以上
九月七日
備前侍従家来
沢井宇兵衛

【奥州小野、今泉附近ノ戦】
同日伊賀藩届書写二通
去月十一日、本道椎木口ノ長州隊長ヨリ応援申来候ニ付、正十二字ヨリ繰出シ椎木口関門迄急進仕候処、左手間道ヘ進候筑後藩徴兵隊苦戦ニ付、左リ間道ヘ参リ候様、頼ミ来候ニ付、賊兵則左手間道ヘ転進仕候処、小川ノ向ヒ小高キ山凡三丁許ノ間、一文字ニ散漫砲発候ニ付、一小隊ヲ顕シ発砲為仕候並二町計ノ間ヲ置キ、中村藩兵隊ヲ顕シ、弊藩一小隊ヲ奇勢ニ仕立、俄ニ発砲仕候処、賊兵大ニ周章、持場ヲ棄テ敗走仕候処ヘ、筑後藩右手ヨリ攻撃ニ相成候ニ付、賊兵六七町モ退キ屏風ノ如キ小高キ山ニ再ビ三丁許ノ間散兵仕候由ニ付、同所ヘ筑後藩押ヘノ兵ニ残シ置キ、直ニ二番ノ持場ヘ攻撃仕、林中ヲ凡四五町進候処、賊ノ方ヨリ発砲仕候ニ付、前面ニ水田ヲ差置キ、少時互ニ発抱、機ヲ見テ右手ノ山林中ヨリ、弊藩五六人、徴兵隊同様相進ミ、余ハ芸州藩同様、前面奮進仕候処、賊ノ銃丸如雨、益攻撃仕、遂ニ前面第二番ノ賊塁ヲ弊藩先登ニテ乗取申候、其節既ニ黄昏ニテ御差図モ御座候故、小野村迄引上ケ申候、右戦争ノ節、手負左ノ通御座候
深手
小隊司令士 深井武吉 戦士 神田助左衛門
同 田中政五郎
浅手
中隊司令士岡本勇家来 石橋功吾 戦士 飯田良蔵
同 森田直次郎 同 平松嘉一郎
右之通、此段御届申上候、以上
九月七日
伊州藩
去月廿日朝五字三点頃、賊襲来、駒ケ峰ノ方ニテ頻リニ砲声相聞ヘ候ニ付、弊藩モ山手、海岸、固場四ケ所ヘ兵隊分配仕候処、最早賊徒襲来発砲候ニ付、従是モ砲戦仕、第四ノ固場ハ烈敷砲戦、且短兵ニテ仕入、賊四人討取益三町計リモ進撃、猶又賊二人討取候処、二之固場ニテ小隊司令士一人戦死、第三ノ固場ニテ大砲支配一人重傷、頗ル苦戦ニハ候得共左右ヨリ烈敷発砲、十二字頃迄相戦候、何分衆寡不敵、諸手共ニ繰引ニ今泉村落台場迄引揚、後路断絶ノ憂モ有之ニ付、左後沼中之弁天山ヘモ兵隊分配仕置候処、毎々賊徒同所ヲ相伺候得共遂ニ不果、総テ浜手ヘ相廻リ候故、前条村落台場ニテ喰留メ、十二字過ヨリ夕三字迄砲撃仕候処、本道ノ方ヨリ長州藩、賊ノ裏手ヘ為応援進撃、原釜之方ヨリ加藤藩、為応援進来ニ付、三藩吶喊突入、中村モ相加リ追撃仕候処、賊徒忽瓦解ニ付、追進、海辺ニ罷在候賊之後ヲ絶切、前後ヨリ相迫候処、賊徒大ニ因窮、四十人計、海中ヘ溺死仕候様見受候、尚又海手、山手ニテ凡六十人計モ斬伏申候、右ノ外討取多分可有之候得共、何分手広ノ山嶮、巨細難相分、且時刻夕景ニモ相成、御使番ヨリ御差図モ御座候ニ付、諸藩共引揚申、原之持場ヘ番兵差置、今泉村ヘ宿陣仕候、其節死傷左之通御座候
討死
小隊可令士 服部作左衛門 侍組 野口吉太郎
岡本勇隊 田中芳三郎 服部作左衛門隊 小西角次郎
同上 石崎吉次郎
深手
大砲支配 丹羽九八郎 侍組 玉置伝八
同上 宮崎釜之助 同上 鳥井鋳太郎
同 野口銑吉 同 滋野半助
使番 田中吉三郎 藤堂仁右衛門隊 樋口辰之進
同 森菊右衛門 藤堂監物家来 松浦秀太郎
同 渡辺常太郎 岡本勇組 板倉徳次郎
同 林宗五郎 同 野田仁三郎
同 小林忠兵衛 服部作左衛門組 北村又三郎
同 川本芳松 平井東馬組 小林又次郎
同 藤井正助 同 天野亀三郎
同 松村松之助 同 大森彦之助
大砲組 西村源之進 同 毛利松之助
浅手
侍組 森川要助 同 鷹取万三郎
藤堂仁右衛門家来 吉村維之進 藤堂監物家来 西田清七
岡本勇組 松田鉄三郎 同 杉田伊三郎
同 小林音次郎 同 丸岡定次郎
小林多七 大砲組 別所佐兵衛
雑人 源八 同 徳蔵
同 初蔵
右之通御座候、此段御届申上候、以上
九月
伊州藩
奥州ニ於テ戦争ノ次第、別紙ノ通出張ノ者ヨリ相達候ニ付、此段御届申上候、以上
九月七日
伊賀中将家来
藤井鼎助

【野州高徳口ノ戦】
同日宇都宮藩届書写
去ル八月七日、風雨ニ乗シ、鬼怒川暴漲、援兵之不便ヲ計リ候哉、藤原村屯集ノ賊徒、明ケ六ツ半時前西船生村辺ヘ押寄候趣、同所道谷原見張ノ猟師一人、俄ニ注進有之候ニ付西船生村ノ内、字新屋見張所ヘ詰居候弊藩一番小隊、戸田内匠、彦坂孝次良隊士ノ内大橋亘理、大円元三郎、鳥居裕之助、鳥居鎌三郎、渡辺桂之進、大沢富三郎、石原銓次、不取敢同村地内、字新田迄出張候処、賊徒同所北ノ方松林ノ中ヨリ発砲ニ及ヒ頗ル苦戦候得共、味方人少ニ付、不得止、新屋、新田両所之間ニ有之候砥沢川迄引揚、援兵ト合進候処、弊藩十一番小隊、戸田保、鳥居章之進ノ隊、賊之右ノ方ヘ廻リ八番小隊川村多膳羽太忠助隊、同様左ノ方ヘ繰出シ三方ヨリ取包、惣兵半時程及戦争候処、賊徒一時ニ敗走、死傷ヲ担ヒ、高徳道ノ方ヘ引退候ニ付、急追候処、大渡村ヘ宿陣ノ肥前兵隊ハ賊徒等舟ヲ截流シ渡船難出来、鬼怒川ヲ隔テ道谷原辺ヘ大砲打掛ケ、味方ノ兵勢ヲ助ケ、賊徒川上ニ向ヒ引退候節、高徳口辺ヲ目当ニ頻ニ発砲ニ及ヒ候、弊藩人数ハ高徳口手前字オリ沢川迄三十町余追討候得共地理不便、伏兵ノ憂ヒ難計、且兵隊一同未朝餉不相用候ニ付、同所ヘ弊藩五番小隊、松浦東馬辻熊之丞隊卒備置、其他ハ朝四ツ時比西船生村ヘ引揚候処、無程同村地内字西小屋辺ヨリ猶又賊徒押来候趣、注進有之候ニ付、早速オリ沢口其外ヘ手配イタシ、西小屋辺ヘ兵隊操出シ候処、賊徒同所ニテ少々発砲候而己ニテ即時退散ニ及ヒ、其後高徳村ニ陣取候賊徒、大凡三百人余、死傷八九人ヲ舁キ担ヒ、不残藤原村ヘ引取候趣、注進有之候ニ付、昼八ツ時頃、兵隊不残西船生村ヘ引揚ケ申候、尤最初賊徒襲来ノ節、新屋、新田等ヘ放火、民家都合拾八軒焼失、猶又引退候節、道谷原ヘ放火、十三軒焼失仕候、西船生村ヘ宿陣ノ肥前勢二小隊ノ内、一隊ハ同宿ヲ守リ一隊ハ為応援新田迄出張、戦争ニハ及ヒ不申候、弊藩人数手負並分取、生捕等別紙ノ通ニ御届申上候趣、在所表ヨリ申越候ニ付、此段御届申上候、以上
九月七日
戸田故越前守家来
大塚数馬
即死 西船生村百姓 利平 治郎左衛門
手負 覚之丞
賊徒ヘ被生捕候 長左衛門
薄手 一番士分隊 大橋亘理
右之通ニ御座候、以上
九日七日
戸田故越前守家来
大塚数馬
生捕 会津蔵入百姓 夫人 亀松
臼砲弾薬箱 一ツ
内 破裂玉 三ツ フランーローケル ニツ
打薬 ホイス 細工諸道具
火門針 二本 但三番格山川隊卜札有之
右之通御座候、以上
九月七日
戸田故越前守家来
大塚数馬

慶応4年79号

太政官日誌第七十九
慶応四年戊辰秋九月

【御東幸御留守警備ノ事】
九月五日軍務官ヨリ御達書廿五通
京極備中守
増山対馬守
青木民部少輔
小笠原中務大輔
其藩、兼而京都市中巡邏被申付置候処、被免候、尤御東幸御留守中、諸取締向別而至重之事ニ付、人数邸中ニ揃置、緩急之御用相勤候様、申達候事

高木主水正
加藤出雲守
其藩、兼而京都市中巡邏申付置候処、今般被免候旨申達候事

亀井隠岐守
高木主水正
小笠原左衛門佐
小出伊勢守
板倉摂津守
植村釗八郎
其藩、九門内巡邏被申付候付而者、御東幸御留守中、非常御警衛向、別而至重ノ事付、巡邏之藩々申合順番ニシテ昼夜廻見、取締方厳重可取計旨申達候事

松平越前守
其藩、兼而堺町御門警衛被申付置候処、今般御東幸被為遊候付而ハ御留守中九門内取締別而至重之事ニ付、警衛向昼夜共一入厳重可取計旨申達候事

稲葉右京亮
其藩、兼而中立売御門警衛被申付置候処、今般御東幸被為遊候付而ハ御留守中以下同文

黒田甲斐守
其藩、兼テ猿ケ辻警衛以下同文

毛利大膳大夫
其藩、兼而蛤御門警衛以下同文

伊達若狭守
其藩、兼而唐御門内警衛以下同文

土方大和守
其藩、兼而御台所御門警衛以下同文

寺町御門 清相院御門
石薬師御門 今出川御門
乾御門 日御門
南御門 唐御門外
下立売御門
右御門々々警衛徴兵
諸御門警衛 徴兵中
今般御東幸被為遊候付而ハ御留守中、九門内取締別而至重之事ニ付、警衛向昼夜共、一入厳重可取計旨申付候事

七口並諸口警衛
松平三河守
其藩、兼而伏水表警衛被申付置候処、今般御東幸被為遊候就而者御留守中諸口取締、別而至重之事ニ付、警衛向一入厳重可取計旨申達候事

松平出羽守
其藩、兼而鳥羽口四塚警衛以下同文

九鬼大隅守
其藩、兼而丹波口塚原村警衛以下同文

有馬遠江守
其藩、兼而鞍馬口警衛以下同文

青山左京大夫
其藩、兼而長坂口周山村警衛以下同文

仙石讃岐守
其藩、兼而大原口高野村警衛以下同文

前田飛弾守
其藩、兼而粟田口蹴上ケ警衛以下同文

稲葉美濃守
山崎関門以下同文

本多主膳正
大津八町小関両所以下同文

分部若狭守
雲丹坂以下同文

柳沢甲斐守
白川越坂本口以下同文

松平右近将監
渋谷関門以下同文

柳沢甲斐守
橋本関門以下同文

朽木主計助
山中関門以下同文

松平図書頭
老ノ坂門以下同文
九月

【越後長岡ノ戦】
同日岩村田藩届書写
志摩守一小隊人数、越後三島郡関原ニ滞陣罷在候処、七月廿四日夜半頃、長岡辺ニ当リ砲声烈敷、火勢熾ニ不容易模様ニ付、兼而長岡会議所ヘ相詰居候番兵ノ者迄、小斥候差出候処、長岡ヘ賊徒発砲シ乱入ニ及ヒ苦戦之趣、途中ニ於テ官軍御人数ヨリ承リ直ニ引取候内番兵之者引揚ケ、殊之外難戦之由申聞候付、関原道筋ヘ夫々手配相固候処翌廿五日未明頃、斥候被仰付、即繰出シ御本陣御守衛申上、一先信地ニ引取、兼而ノ見張所ヘ両三輩差出置、余之人数者不残長岡川手前迄、為応援出張被仰付、速ニ繰出シ候処、川向ハ尽ク賊兵処々ニ備ヲ設ケ、大小砲烈敷打立候得共、官軍川ヲ渡リ弊藩人数モ引続為応援相進、稍暫打合候内、賊軍引色ニ付進撃致シ、河原ニ対陣罷在、翌廿六日暁ニ至リ御親兵ト交代、暫時休息罷在候得共賊徒ノ砲声不止、因テ再ヒ河合ヘ出張、台場ヲ構ヘ、篝火ヲ焚キ、廿九日暁迄対陣罷在、彼是仕候内、長岡ノ方ニ火煙猛敷、賊兵敗走之体、長岡城ハ御乗取之由ニ付、弊藩請取之見張所等モ、焼払候様御達ニ付、右用意仕候内、宮下ト申ス場所ヘ進撃被仰付、直ニ襲撃ス、同所ニテ斥候且巡邏被仰付、八月朔日浦瀬迄進ミ、翌二日見付ヘ進入、翌三日栃尾ヘ進入、翌四日東上塩ヘ進撃候処、長岡之賊徒八十里越ヲ打過、奥州ヘ敗遁仕候ニ付、右奥州口ノ山険ニ当時対陣罷在候、廿四日ヨリノ戦争引続廿九日迄賊徒追討之節、弊藩人数之内、手負等モ有之哉ニ候得共、確ト取調之報知モ無之候、廿九日長岡賊徒追討之砌、大砲一門分捕仕候旨、隊長ヨリ御総督府ヘ御届申上候趣、不取敢在所表迄報知有之候条、申越候間、此段御届申上候、以上
九月五日
内藤志摩守家来
藤田百助

【仙台二本柳ノ戦】
同日彦根藩届書写
八月十七日辰刻、奥州ニ本松ヨリ仙台之方二本柳ヘ賊兵五六百モ襲来ニ付、土州、弊藩申合セ、巳刻比左右之山ヨリ攻撃仕候処、賊忽敗走、両藩ニ而多分打斃候、確ト仕候打取、分取ハ別紙之通リ、弊藩死傷ハ無御座候趣、出先ヨリ申越候ニ付、不取敢御届申上候、以上
九月五日
彦根中将家来
横内平右衛門
首一級 討取人<貫名徳太郎隊>三宅米太郎
大砲三門 弾薬 三包
右之通ニ御座候
九月

【仙台本道椎木開門ノ戦】
同六日筑後藩届書写三通
八月十一日五字、黒木揃ニテ長州筑州、因州相馬藩大砲掛リ一同、仙台本道駒ケ峰境椎木関門左右ヘ分隊、弊藩大砲一門関門左ヘ構発砲仕候処、賊徒専防戦致シ候得共各藩小銃隊、追々関門外左右エ相進、次第ニ押詰三字三点頃、大道ヨリ一同打入、賊徒打払、其侭駒ケ峰ヘ宿陣仕候旨、於相馬表御総督府ヘ御届仕候段、出張先ヨリ申越候付、此段御届申上候、以上
九月六日
筑後中将家来
水野丹後
八月十一日五字、黒木揃ニテ徴兵隊、相馬藩一同、仙台領菅ケ谷口ヘ進撃致シ候処、賊徒多勢要地ニ拠リ、防戦候付、四字迄苦戦仕候内伊州藩山之手ヨリ応援致シ候付、一同賊巣菅ケ谷打払、駒ケ峰関門エ相迫リ、七字頃相馬領椎木村ヘ引揚申候、死傷左之通御座候
討死
辻七左衛門隊司令官 月貫兵衛 岡田平八隊 青柳儀作
木原喜太郎 牛島乙次郎
辻七左衛門隊 亀山清蔵
深手
土田清摩隊 篠田源之丞
辻七左衛門隊 志岐健太
島直隊 中島幸三郎 岡田平八隊 富田松ニ郎
浅手
辻七左衛門隊 石橋栄太郎 宗小次郎附属 北川忠作
夫卒一人
右之通、於相馬表御総督府ヘ御届仕候段、出張先ヨリ申越候付、此段御届申上候、以上
九月六日
筑後中将家来
水野丹後
八月十六日九字頃、仙賊新地街道富倉村前左右ヨリ、遽ニ襲来候付、直人数操出、一手ハ駒ケ峰ヘ攀上リ、一手ハ大砲一門並小銃隊ニテ本道右手撃出、一手者相馬藩一同、峰左山上ヘ出、何レモ発砲仕候処、賊多勢、殊ニ場所広ク分配手ヲ尽シ苦戦仕、三字三点頃ニ至リ賊徒駒ケ峰東北山上谷間ヨリ頻ニ峰頂ヘ砲発進撃候付、一際奮戦仕、其内長州之応援ニテ弊藩一分隊合併、賊屯集之左ヘ出テ打払、諸手一同進撃仕候内、因州本道ヨリ応援仕、五字ニ至リ悉ク賊徒ヲ追払、番兵相残シ駒ケ峰陣所ヘ人数引揚申候、同日目前打留候賊徒、凡二十五六人モ有之、其他多分可有之候得共、草叢深樹ノ中ニテ点検シ難シ、討死、手負、分捕之品左之通御座候
討死
島直隊 弥永貞蔵 岩佐四郎
武藤利右衛門
深手
軍監附属病段ニテ死 山崎政吉 岡田平八隊同上 村田熊蔵
島直隊 堀田九市 同上 飯田冬太郎
小沢文太夫隊 山口寛平 宗小次郎附属 北川庄五郎
浅手
上田兵次郎隊 田中貞太郎 岡田平八隊 田中松次郎
島直隊 近藤清左衛門 同上 石田喜蔵
岡田平八隊 永尾竹五郎
分捕
槍 一筋 刀 二本
脇差 一本 小銃 四挺
右之通、於相馬表御総督府ヘ御届仕候段、出先ヨリ申越候付、此旨御届申上候、以上
九月六日
筑後中将家来
水野丹後

慶応4年78号

太政官日誌第七十八
慶応四年戊辰秋九月

九月四日御沙汰書写三通
小松帯刀
任玄蕃頭
右宜下候事

酒造高百石未満之分ハ、願ニ寄、百石迄ハ増方被仰免候事
但百石以上之内、何石何斗等之端石有之分ハ、願ニ寄、拾石迄増方被免候、尤右増石之分ハ壱石ニ付金壱両宛上納之事
千石以上之株高、分株相願候向ハ二ツ割被免候事

公卿諸候並徴士等在職之地ヘ家族召寄候儀、可為勝手旨、被仰出候事

【岩村田藩兵ヘ感状ノ事】
同日岩村田藩届書写
志摩守人数、為賊徒追討、越後表エ出張仕居候処、去六月十八日於関原、従御総督府別紙之通御感状ヲ賜リ、且御酒肴頂戴、難有仕合奉存候、右出張隊長之者ヨリ申達候趣、申越候間別紙相添、乍延引此段御届申上候、以上
九月四日
内藤志摩守家来
藤田百助
御褒詞写
長岡落城後連戦無虚日、殊強悍之賊ト対塁連旬不得休息候段、実不堪感賞、因馳一夫、聊慰軍労候、尚直様朝廷エ可及奏聞候也
六月十八日
永花押
公花押
岩村田隊長中

同日越前藩届書写
先般御届申上候村上城乗取候節、分捕別紙之通ニ御座候、且又別紙之通、中軍ヘ指出申候旨申越候、此段御届申上候、以上
越前少将内

一、鞍置馬 二疋 一、駕 廿五挺
一、米 二千四百五俵 内白米三拾五俵
右之通分捕之内中軍ヘ指出申候、以上
分捕覚
古製大砲 四門 異風筒 廿二挺
ヱンヘール銃 九挺 撃発銃 九挺
小筒 拾挺 具足櫃 三拾二
具足長持 二棹 番具足 百六拾領
鎗 拾一筋 長刀 五振
弓 四拾張 鳶口 三十本
大砲早合 十箱 百目早合 五箱
五拾目早合 二箱 ホート早合 一箱
同玉 拾一箱 百目早合玉 五箱
合薬長持 一棹 線条砲弾薬 二箱
ヱンヘール早合 四拾八箱 同上 五棹
雷管 二箱 幕 十二張
合薬 二棹 大砲早合 一棹
包分弾 二棹 三ツ具足 拾五本
右之外、雑具類数多之事故、書記シ不申候以上

先日不取敢御届申上候後、諸勢追々相進、去月十八日、弊藩先隊林藤五郎隊、五十島村庄屋共賊無之旨、案内致候ニ付相進候処、川向ヘ俄ニ賊相起、致発砲候ニ付速ニ臥撃ニテ打合居候処、追々諸勢相加候ニ付、阿賀川ヲ引越シ五十島村ヲ乗取、同廿一日惣勢同所ヘ繰込、翌廿二日、三月沢筋ヨリ谷沢迄進撃之御達ニ付、廿三日、藤五良隊、岩国半隊ト共ニ山上之賊塁ヨリ打下シ候砲煙中ヲ凌キ三月沢エ乗入候処、同時外山之賊塁、薩長之手ニテ攻撃候得共、絶険之地ニ付、半腹ヨリ五十島ヘ引揚ニ相成、応援無之ニ付、藤五良隊等モ同所ヘ引揚候、廿四日、賊之諸塁ヘ対塁ヲ築キ、諸隊砲戦之処、同夜弊藩別手、本多門左衛門隊、阿賀川東白崎村ヨリ暗夜無松明ニテ、賊塁之眼前ヲ忍抜、黒岩村上ヘ山上之荊棘ヲ開キ攀上リ、谷沢迄之本道、間道、眼前ニ見下シ、小花地村之賊ヲ及砲撃候処、谷沢ヨリ津川ヘ当リ松明相続キ、賊勢逃去候形勢ニ付、直ニ三月沢口諸隊エモ、注進致シ廿五日諸勢進撃、外山辺賊塁共乗取候、門左衛門隊、此川ヲ越シ、小花地村ヲ取切、直ニ同夜津川ヘ弊藩五番遊撃隊ト共ニ、一番ニ乗入、廿六日惣勢同所ヘ繰込、即夜弊藩遊撃隊一隊、御親兵並長州勢ト共ニ焼山ト申所迄相進ミ、弊藩栃谷政之助隊ハ川東日出谷之内、水沢迄相進候趣、尤分捕等多有之候得共、未タ委敷相分リ兼申候、且又庄内口之方ハ、先日御届申上候後、弊藩人数葡萄ヨリ、海岸之方碁石ト申処迄相進候由、此先者羽州境ニ候得者官軍蒸気船ニテ坂田又ハ鼠ケ関ヲ横衝致シ、陸地者弊藩先隊、先手ニテ進撃致シ、廿三日ニハ一斉撃入候手筈之由ニ候得共、未タ確報無之候、右者越前守家来大谷巌、戦地ヨリ罷帰相達候ニ付.不取敢御届申上候、津川口賊退去ニ付而者、承及候風説モ有之、且戦地之模様モ申上度、同人差出候間、尚又御聞被下候様仕度、此段申上候様申付越候、以上
九月
越前少将内

【大谷巌ノ越後戦況報告】
大谷巌、八月十八日国許出立、廿三日越後表ヘ着、廿六日同所出立、九月二日国許ヘ着、同日出立ニテ四日入京、太政官代ヘ罷出、越後表実見之模様申出候、大略左之通
八月廿二日、五十島ニ繰込罷在候人数、進撃候様御達ニ付、翌廿三日、大斥候トシテ林藤十郎一小隊、応援トシテ遊撃隊、三月沢口押出ス、外山ヘハ岩国、薩藩人数打向候処、殊ニ険ナル山ニテ、進撃致シ兼、五十島ヘ引取藤五郎手ハ已ニ三月沢迄進撃候得共、右之次第ニテ応援無之、依而一旦高所ヘ引揚、松峠左右之山ヘ、台場七ケ所ヲ築キ、外山ノ賊ト対陣打合本多門左衛門手、長藩御親兵ト同シク、川口ニ台場ヲ築キ固ム、門左衛門手一分隊、斥候トシテ白崎村ヘ差出置候処、賊一両人鉄砲持参シテ黒岩村之者ヲ引纏ヒ、打懸ケ来リ候故、直様川口本隊ヘ注進、打留候手筈之処、賊白崎村ヲ放火シテ退キ申候
廿四日、同所ニテ打合有之、此夜敵之篝焼捨ノ様子ニ付、川口手、門左衛門隊並長藩御親兵申合セ、同所黒岩村ノ山上ニ登リ、谷沢、小花地村ヲ眼下ニ見下シ候処、敵之炬火愈夥敷、引色相顕候ニ付、直様山上ヨリ烈敷打立
廿五日朝ニ至リ、賊愈敗走ニ相違ナキコト相分リ候故、其段五十島本陣注進イタシ、即刻不残進軍、同日夕谷沢ヘ繰込、夫ヨリ門左衛門手半小隊、長藩、薩藩、御親兵弊藩並遊撃隊各押出シ夜中先勢不残津川ヘ繰込候処、敵不戦シテ退散、依テ其子細ヲ相調候処、白川口勢至堂、且又米沢口等何レモ相破レ官軍若松城ヘ切廻候ニ付、城下ヨリ之注進有之依テ不戦シテ退キ申候由
但弊藩人数、大牧村ヨリ津川ヘ先登セシ処官軍ニテハ、尚敵兵ト見誤リ一旦打立候位ノ事ニ候
廿六日、惣軍津川表ヘ繰込、同日朝長藩御親兵、弊藩人数、又々焼山ヘ押出ス、栃屋政之助手長藩ハ尚又日出谷之内水沢ト申所ヘ押申候
但津川表等ニテ分捕数多有之候得共、追而取調之上委細可申上候
津川口ニ罷在候会賊巨魁ハ、家老一ノ瀬要人ト申者之由ニ御座候

九月五日御沙汰書写五通
横山春庵
任主税大允 叙従六位上 補典薬寮医師

大村丹後守
浦上村切支丹宗信向之徒、当分肥前藩ヘ取締被仰付候間、其方領内ニモ、右宗旨浸染不致様、精々取計可致旨御沙汰候事
九月

諸国御料所百姓町人共旧幕府ヨリ苗字帯刀及ヒ諸役免許並扶持方等遣シ置候者共、其府県ニテ取調、其由緒御吟味之上御沙汰之品モ可有之旨、兼而御布令有之候処、今以等閑ニ打過候向モ有之趣ニ候間、猶又其最寄ニ而早々取詞可致旨御沙汰候事
但府県エ右之通被仰出候間、御料御預之藩々ニ於テモ同様可心得候事

岡部筑前守其方家政向、不取締之儀有之、今度家来共御所置被仰付候、依之七日差扣被仰付候事
右御沙汰拝承之当日ヨリ、七日之間差扣之事

中橋下総守
松井周防守領分、江州之中一万石之地、当春東山道鎮無使於出先、其藩ヘ当分取締申付置候処、今度実効相立候ニ付、右領地如旧御下渡ニ相成候ニ付、右藩エ早々可引渡旨御沙汰候事
九月

諸御門並諸関門書衛之規則
一、宮門御警衛兵員
一小隊、尤一昼一夜半隊宛、常詰之事
但昼夜二人宛、二時替ニシテ面番之事
一、九門並七口関門警衛兵員二小隊、尤一昼夜一小隊宛、常詰之事
但一昼夜ヲ四分ニシテ一分隊宛、面番之事
一、七口之外、間道之関門警衛兵員、一小隊之事
但詰番之儀ハ、宮門之規則同様、可相心得候事
一、諸御門、諸関之内警衛之藩々ハ、固メ人数外異変之節ハ、相応之援兵繰出相成候様用意可致置事
右之通、今般諸御門其外警衛之規則、被為立候間、心得違無之様可致旨、申達候事
九月
軍務官

第六十六巻、白峰神社ハ白峰宮ノ誤ナリ

慶応4年77号

太政官日誌第七十七
慶応四年戊辰秋九月

【越後栃尾、村松附近ノ戦】九月三日松本藩届書写六通
越後国古志郡田ノ口村字十二森土塁ニ、弊藩水野伊左衛門隊守衛罷在候処、賊兵長岡ヘ乗込候趣、報知有之、就テハ当所難相保、一ト先半蔵金村ヘ人数引上候手筈ノ旨、七月廿六日長藩ヨリ談ジニ任セ、翌廿七日払暁、右土塁ヲ引上ケ、朝五時過同村ヘ罷越、字御殿場並宮波多両所之土塁守衛罷在候処、夕七時頃西中之俣村山上ヘ賊兵一小隊計繰出、右之内十人計斥候之体ニテ、右御殿場之上塁ヘ窃ニ近寄、発砲致シ候ニ付、弊藩ヨリモ不取敢撃出候処、賊銃丸ニ中リ、一人打斃候ヲ介抱致シ、山上之方ヘ、逃去申候、然ル処、弊藩近藤伝次郎隊、一ノ貝村ヨリ引上、合兵ニテ福山道其外道筋ヘ人数分配、守衛罷在候処、同夜右之方山上松明夥敷、追々近寄候ニ付、弊藩隊ヨリ烈敷撃払、遂ニ賊兵逃去申候、然ル処、八月朔日、賊兵栃尾町ヘ多勢屯集ノ趣相聞候ニ付、軍議ノ上、先鋒弊藩伊左衛門隊中軍長藩、松代藩、一同進撃ニ及候処、賊徒散乱落行候、其節分捕、別紙ノ通ニ御座候趣出張先家来申越候ニ付、此段御届申上候、以上
九月三日
戸田丹波守家来
関杢右衛門
分捕
大砲 一門 糧米 七十五俵
馬具 二具 陣鍋 二ツ
陣笠 九蓋 天戸 一張
味噌 四桶
右之通御座候、以上
越後国古志郡細野村土塁ニ、守衛罷在候、弊藩鶴見六野右衛門隊、八月朔日、参謀方ヨリ進軍ノ令ニ依テ、松尾村ヘ転陣、翌二日栃尾付ヘ進軍、同所会議所ニ於テ軍議ノ上、同四日加州、大垣、上田等三藩並弊藩近藤伝次郎隊申合、大斥候トシテ御側村迄出張イタシ候処、賊徒遁逃致シ候ニ付、夫ヨリ迎場村ヘ進軍ニ及候処、賊徒本道又ハ山上ニ数ケ所ノ土塁ヲ設ケ、発砲致シ候得共、夫々打払、何レモ散乱、尚又字イツキ山ト唱候場所、守衛罷在候処、同七日栃尾町会議所ヨリノ令ニ依テ各藩一同繰出、吉ケ平村地内ブナ坂迄、賊徒追討イタシ候処、大谷村地内鞍懸辺、所々賊塁ヨリ致発砲候間、是又撃退ケ、各藩一同吉ケ平村ヘ人数引揚、厳重固守罷在候、尤右之節六野右衛門手ニテ分捕、別紙之通御座候趣出張先家来申越候ニ付此役御届申上候、以上
九月三日
戸田丹波守家来
関杢右衛門
分捕
破烈弾 六箇 小銃 一挺
散弾長持<但弾薬二十四>二箇 管 二百余
大砲 二門 大砲車台棒 一本
臼砲<台共>一門 小銃弾薬長持 <但六百十発> 一箇
小銃 六挺 銃槍 十一本
胴乱 三十 大砲弾薬<数百> 九箱
三十目弾薬 <数五百発> 一箱
舶来小銃弾薬 千四百発
ゲベール弾薬 <五百十発> 一箱
小銃弾薬 <四千発余> 六箱
雑具 四品 玉筥<二千発余>二荷
百目筒 一挺 陣笠 二ツ
韮山笠 二ツ 雑其 廿四
右之通御座候、以上
越後国古志郡須原村土塁、守衛罷在候、弊藩神方新五左衛門隊、八月朔日、参謀方ヨリ進軍ノ令ニ依テ、夜中石峠越ヲ諸手ニ先立、栃尾村ヘ進撃ニ及候処、賊既ニ逃去候ニ付、賊塁ニ放火致シ、翌二日栃尾村ヘ転陣、賊徒諸在ニ潜伏、栃尾付ヲ可焼払トノ聞ヘ有之、探索之砌、長岡藩古沢儀右衛門親其外生捕有之候得共、委細之儀ハ、尚取調ノ上御届可申上右之趣出張先家来申越候間、此段御届申上候以上
九月
戸田丹波守家来
関杢右衛門
去月朔日、弊藩水野伊左衛門隊、越後国古志郡栃尾町ヘ繰詰、同所守衛罷在候処、賊兵蒲原郡村松城ヘ進軍ノ儀、会議所ヨリ布令ニ依テ即刻出立、途中杉沢村ニ於テ、薩加松代等三藩合兵、長沢村迄相進候処、賊徒月岡村ニモ屯集、見附宿ヨリ相進候官軍ト戦争中ノ趣相聞候間、同村ニ滞陣、弊藩分隊村内巡邏斥候致、戦争模様探索ニ及候処、官軍勝利賊兵八十里越ヲ過キ、会津ノ方ヘ落行候趣相聞、同四日薩長、新発田、弊藩合兵進軍之途中、於黒水宿新発田藩申合同所裏手ニ有之間道ヲ守衛罷在候処、村松落城、残賊近在ニ潜伏懸念ニ付、右裏手ノ守衛ハ新発田藩ヘ相譲リ、村松迄ノ間道ヲ迫リ同所ヘ繰詰候様会議所ヨリ申来候ニ付、即刻出立、所々残党探索、同五日夜村松城下ニ繰込候処、同所ヨリ会津ヘ通路ノ沼越ト唱候道筋、村々ニ残賊共土塁ヲ構ヘ屯集ニ付、薩藩並弊藩、同六日同所ヲ繰出シ、門原峠ト唱候山上ニ土塁ヲ築、守衛罷在候処、同十一日村松会議所ヨリ諸口一同高石村ヘ向ヒ、進撃相成候間先陣弊藩、応援薩藩ニテ、ホドハラ峠ト申間道ヲ越ヘ、相進可申旨申来候間、翌十二日薩藩一同進軍致候処、賊徒田川内村入口、字ワセフナト唱候要害ニ拠リ土塁築立、道筋等切潰シ、楯篭罷在候間、同所ヘ押寄、弊藩半隊正面ニ進、半隊右手ノ方、小高キ所ヘ登リ、薩藩正面ノ後ヲ詰メ、厳敷砲戦、賊ノ土塁ヘ切込候図ニテ、間近ク相進候得共、難所ニテ正面ヨリハ難乗込、人数分配、谷間ヘ下リ候処、賊兵山上ヨリ発砲、味方地利ヲ失ヒ、一旦苦戦ニ及ヒ候得共、遂ニ土塁乗取、田川内村迄追討致シ候処、賊兵同村ヘ火ヲ放チ逃去候間、消防イタシ、滞陣罷在候処、本道ヨリ高石村ヘ乗込候、長州、松代両藩人数手薄ニ付、田川内村ハ薩藩ヘ譲リ、弊藩人数高石村ヘ応援申来、薩藩ト談合、同村ヘ人数繰込、守衛罷在候、尤右之節、分捕、別紙之通ニ御座候趣、出張先家来申越候ニ付、此段御届申上候、以上
九月三日
戸田丹波守家来
関杢右衛門
分捕
十文目筒 一挺 大隊旗 一本
旗竿 一本 高張竿 二本
槍 一筋 長刀 一振
陣笠 五蓋 陣蓑 十領
強盗提灯 一張 西洋太鼓 撥共 一ツ
合図旗 一本 小銃 一挺
弾薬 五百計 舶来雷管 五百計
右之通御座候、以上
越後国古志郡一ノ貝村ヘ弊藩近藤伝次郎隊七月三日着陣、門松山土塁守衝、長藩ト合兵砲戦固守罷在候処、同廿四日夜、賊兵ヨリ烈敷発砲致シ候ニ付、是又厳舗撃退ク、然ル処丑ノ刻頃、乾ノ方ニ当リ俄ニ火焔相立、払暁ニ至リ長岡城ヘ賊徒忍入、抗戦イタシ候旨報知有之、就而ハ弊藩半小隊、軽井沢村ヨリ森立峠ニ至迄巡邏可致旨、長藩ヨリ談ジニ任セ、急速出張仕候、同廿六日、右半隊ノ内一分隊、加藩ト合兵、森立絶頂土塁相守ル、然ル処、再ヒ門松山守衛之儀、長藩ヨリ談ジ有之、右半隊引上ケ、同所固守、同廿七日未明ニ至リ、賊勢諸方ニ充満、追々襲来ニ付、近塁各藩引上候迄斥候致シ、長藩、弊藩ニテ殿戦罷在候処、半蔵金村ヘ一ト先退陣可致旨右同藩ヨリ談ジニ付、退陣仕候処、弊藩水野伊左衛門隊、田ノ口村ヨリ引揚、合兵ニテ福山道山上字御殿場、宮波多ノ土塁固守罷在候処、同夜右ノ方山上、松明夥敷、追々近寄候ニ付、弊藩隊ヨリ速ニ打払申候処、八月朔日夜、参諜方ヨリ、翌二日朝進軍之令有之、同所出立、栃尾町迄出張致シ候処、上田藩ト申合、熊袋村迄相進候様、猶又差図有之、翌三日上塩村迄相進、同村花蔵院ニ致滞陣、翌四日加州、大垣、上田之三藩並弊藩鶴見六野右衛門隊申合、大斥候トシテ御側村迄出張致シ候処、賊徒遁逃致シ候、尤右之節、伝次郎隊ニテ手負且召捕、分取、別紙ノ通御座候趣出張先家来申越候ニ付、此段御届申上候、以上
九月三日
戸田丹波守家来
関杢右衛門
手負 銃隊組 米山甫ニ郎
生捕 二人
分捕
合図旗 一本 破裂丸 百箇
小銃 十二挺 大砲車 一組
右之通御座候、以上
七月廿四日、周旋方野末三十郎儀、越後国長岡城下ニ罷在候処、夜半過賊徒襲来、所々ヘ放火戦争之砌、手負候旨出張先ヨリ申越候ニ付、此段御届申上候、以上
九月三日
戸田丹波守家来
関杢右衛門

慶応4年76号

太政官日誌第七十六
慶応四年戊辰秋九月

【奥州今泉、藤巻、菅谷口ノ戦】

九月二日大洲藩届書写
八月十九日、弊藩兵隊、奥州中村城北、不乱院万日寺エ着営、同廿日払暁ヨリ駒ケ峰ノ方ニ当リ砲声頻ニ相響、賊兵襲来ノ趣ニ付御指揮次第出張可致旨、御達有之、巳刻頃伊州藩攻口、浜手、今泉、苦戦ニ付、為救援至急出兵可致旨、重而御差図有之、不取敢第一小隊繰出、進軍一里許、砲声震動、伊州藩今泉之砲台決戦之央、直ニ進撃及烈戦候処、未下刻ニ至、賊勢将挫之機相顕候折柄、御使番西直八郎殿ヨリ、山手賊兵既ニ敗走、駒ケ峰官軍浜手賊兵ノ後エ廻撃候ニ付、浜手伊州藩弊藩人数左右エ分チ、追撃候様御達ニ付、則両藩人数分隊、烈敷討立候処、賊兵終ニ致敗走候由
一、駒ケ峰為援兵出張之第二小隊、進軍二里許駒ケ峰関門ヨリ五六町繰込候処、長筑両藩ニ出会軍議中、御使番太田慶太郎殿案内ニテ、藤崎村山ノ手エ進軍之処、前山茂林深樹之中ヨリ賊兵出没、烈敷射撃弾丸雨注之際、中村藩人数モ馳加リ、相共ニ激戦時ヲ移ス、浜手藤崎駒ケ峰、菅谷口ノ砲声、四方轟響之折柄、賊勢頽敗ノ色相見エ、直ニ進撃候様、太田慶太郎殿御達ニ付、一同吶喊直突、尾撃一里余、賊兵終ニ浜手エ敗走、時ニ浜手進撃之伊州藩、弊藩之人数ト前後夾撃、賊兵散乱官軍終ニ大勝利ト相成、尚致追撃候内、大雨驟然、時及薄暮、諸軍引揚相成、第一小隊今泉宿陣、第二小隊駒ケ峰ヨリ本営エ引揚候由
同廿一日、藤崎為警衛、早々出兵可致旨、御使番衆ヨリ御達ニ付、昨夜帰営之第二小隊、申刻頃出兵ス、今泉宿陣ノ第一小隊モ直ニ同所エ転陣仕候、同廿三日、藤崎ヨリ十丁許北向エ進軍、番兵二箇所、斥候中村藩同様差出置申候
同廿四日、同処エ砲台三箇所、番処二箇所相設置申候
一、廿日戦争之節、賊兵討取、左之通御座候
一人 寺西作左衛門隊 寺西忠蔵 一人 同 戸名平八郎
一人 同 大野熊二郎 一人 加藤越之丞隊 三浦貫左衛門
一人 加藤越之丞隊 岡田卿平 一人 同 池戸源七
右之外、戦争中討取之分不詳、其節弊藩手負分捕、左之通御座候
於今泉
重傷 至廿二日死 寺西作左衛門隊 大野伝太夫
薄手 加藤越之丞隊 松本市郎
薄手 軍夫 久右衛門
分捕
一、鎗 一本 一、小銃 一挺
一、大小 一腰
右之趣、出先ノ者ヨリ匆卒中飛報相達候間、不取敢御届申上候様、遠江守申聞候、以上
九月二日
加藤遠江守内
力石安太夫

【乾行丸、摂津艦ノ活動】
同日薩摩藩届書写
軍艦乾行丸之儀、蒸気鑵之部ヘ損所有之、修覆不致候而ハ、夜白連続運用不相調候ニ付、其段総督府ヘ御届申出置候折柄、御艦摂津丸備付大砲損所等有之、放発不相成候間、乾行丸大砲並砲手等摂津艦ヘ乗付、新潟辺進撃候様、被相達私始士官、砲手迄、都合三拾四人、大砲四門弾薬共載付、過ル七月廿一日能登七尾出船、同廿三日、越後柏崎ヨリ長州軍艦丁卯丸、外ニ加筑芸柳川蒸気商船四艘ヘ陸軍千人余乗込、一所ニ出船佐渡小木一泊、同廿四日半夜、同所出船、翌廿五日暁新潟ヲ三里過、新発田領内松ケ崎浜口錨ヲ下シ、軍艦ノ陸兵都而上陸相済迄守衛イタシ居、其夜六ツ過巡視之為メ、新潟海浜ヘ転航、相偵候処、水涯ノ砂陰ニ一町計ツヽ相隔、砲墩七ケ所ヲ設ケ相守候姿ニ被見及申候、其夜ハ同海滞舶イタシ居候処、陸兵ヨリ新潟進撃ニ付、海軍モ応援之儀相達、同廿六日暁八時分、陸上遥ニ砲声相響、破裂弾之飛行モ相見得候ニ付、放発之準備イタシ居候砌、賊之砲墩ヨリ御艦ヘ対シ放発候間、則放発候得共闇夜ニテ賊之砲声ヲ目的ニ狙撃候得共、弾到不分明ニ付、不数十放止、沖ニ滞舶、同廿八日朝五時、賊地近ク艦ヲ進候ニ、亦賊ヨリ放発相始候ニ付、互ニ放撃之央、丁卯丸モ松ケ崎ヨリ航来、共ニ八時迄砲撃候得共、元来前件之如ク疎間之砲台故、目的不相定、且陸軍モ未逼候テハ迚モ落去之算無之間止放七ツ過松ケ崎ヘ引取碇泊、此期賊之砲弾一個左舷ヨリ右舷ヘ貫洞、為此摂津艦水夫砲手一人戦歿仕候、余弾ハ都而舷上ヲ越シ、海中ヘ没シ申候、同廿一日朝五時、丁卯丸共ニ松ケ崎出船又々新潟ヘ転航之処.賊ヨリ始砲ニ付四時ヨリ九時過迄砲撃致シ候得共、今日モ陸逼迫不致候ニ付、八半時帰船、陸軍ト未明ニ進逼之期限、尚牒シ合セ其夜九時新潟ヘ転航、暁七時分ヨリ陸兵相迫候歟、砲声間近ク相聞候ニ付、直ニ放発賊ニモ激ク放発相防候、廿九日朝四時前陸手之賊瓦解、自ラ火ヲ放候而逃候ニ付、治海之砲台自然ニ潰乱、弥彦ヘ向ケ敗走イタシ候、猶追撃之上、御船ニテ上陸官軍新潟ヘ操込、賊一人モ罷居不申、静謐相成居申候ニ付、其侭御艦ヘ引取申候、此段御届申上候、以上
八月
乾行丸指揮役
沖直次郎
弊藩軍鑑乾行丸、越後海辺滞船之処、損所有砲手並大砲等御艦摂津丸ヘ乗付、新潟辺進撃之次第、別紙之通彼表ヨリ届申越候間、不取敢此段御届申上候、以上
九月二日
島津少将内
新納嘉藤二

同月三日御沙汰書写十五通
○鳥井右近
其方儀、依願滞京被聞食置候処、今般早々東京ヘ罷出候様、御沙汰候事
但下着之上ハ、鎮将府ヘ可届出事

【宗門制度一新ソノ他ノ事】
○永平寺
宗門制度之儀、碩徳之者公議ヲ遂ケ、宗規一新、可奉報国恩旨、先般御沙汰相成候ニ付、別紙名前之者共速ニ上京為致、会議公論之上、一新之定則可相立様被仰付候事
加州金沢 天徳院奕堂 肥前長崎 皓台寺伝翁
江州彦根 清涼寺雪爪 城州宇治 興聖寺環渓
越中高岡 前瑞竜寺橘僊 濃州下有知 竜泰寺正仙
同今須 妙応寺玄齢 尾州名古屋 万松寺鑑法
尾州熱田 法持寺鼎三 加州金沢 実円寺玄琱
下総国府台 総寧寺元良 肥前佐賀 高伝寺肎庵
越前少将
別紙之通永平寺ヘ被仰付候間早々相達可申事
九月

一来六日崇徳帝神霊白峰宮ヘ飛島井町御遷還被為在候間、為心得相達候事
九月
○徳川亀之助
其方家来、緒方洪斎儀、徴士被仰付候間、出仕可申付事
九月
○越後府
越後国三島、古志、蒲原、沼垂、巌船之五郡其府ニ於テ管轄候様被仰付候事
○緒方洪哉
任玄蕃少允
叙従六位上補典薬寮医師

宜下候事
九月
○鍋島甲斐守
甲府城代被免候事
九月
○柳川少将
松山少将屋敷拝借被仰付置候処、今度同人ヘ御下渡ニ相成候間、早々引渡可申事
○松山少将
其方京都屋敷、御下渡ニ相成候間、柳川少将ヨリ請取可申候事
九月
○小松帯刀
当官ヲ以テ外国官副知事兼勤被仰付候事
九月
○鍋島少将
外国官副知事被免候事
○同人
参与被仰出候事
○阿野中納言
弁官事被免、参与被仰付候事
○吉井源馬
徴士佐渡判県事被仰付
○岡田準介
会計官権判事被仰付、祖税司知事如旧兼勤

慶応4年75号

太政官日誌第七十五
慶応四年戊辰秋九月

十津川兵戦記追録 節略
七月廿五日、本津川<一ノ貝本陣ヨリ一里余先>薬師山ヨリ賊三小隊計、暁ニ乗シ森樹ノ中ヲ忍テ我台場ヘ追リ、相距半町許、連発ス、我兵八人、台場ヲ守ル者散居迎撃ス、賊不能進、三丁許退キ、又同山之麓上田藩持之台場ニ迫ル、我兵追撃シ<上野鎌吉先鋒>山上ヨリ賊之横ヲ目掛、烈ク下ケ矢ニ打ツ、窮窘取テ返シ、我兵ニ迫ル<此間ニ味方追々駆付、六七人ニ成>衆奮激、台場ヲ躍出、進撃一町余<此内ニ長州奇兵隊四人来リ加ル、都合十九人>戮力奮戦賊八人ヲ斃、首一級ヲ得<米藩洲崎ト腰巻ニ記ス>余賊散走、此戦二時、味方手負二人、姓名並分捕品等別ニ具ス、此所ニテ戦シハ、四番小隊ノ左半隊ト、二番小隊ノ左半隊トナリ
同日、右薬師山西北之方土ケ峠、我兵ト長州振武隊之持台場ヘ賊三百人許、暁ニ森樹ノ中ヲ忍来、四ケ所之台場ヘ同時ニ迫ル、我兵守者甚少シ、事急遽ニ起ル故、防戦難支、一且根拠之陣迄引上ケ、整兵迅進<津島権九郎先導ス>相距十二三間、衆皆激戦直ニ台場ヲ復シ、又進テ接戦シ、賊十四人切斃ス、賊此勢ヒニ辟易シ、散々ニ逃走ル、我兵吶喊シ、追撃三町許、捷歌ヲアケ駐軍、賊斃尸十五六人<此手ノ賊印ニ仙ノ字アリ、分捕品中ニモ書翰アリ、皆仙台ナリ>此戦手負二人、即死一人、別ニ具ス、分捕品数取調未相付候
同日寅上刻<廿四日夜丑刻比共云>賊遽ニ長岡城ニ迫リ官軍土地不案内、狼狽暫時防戦ス、賊縦火発砲、城下ハ勿論近在所々一円火拳ル、先鉾本陣ヲ始、西園寺卿御本陣、関原ニ引上ケ諸藩人数、病院等悉ク信州川西川上ヘ引退キ遠近皆賊之有ト成ル、味方戦死三人別記ニ具ス
廿六日、土ノ峠大垣、長州振武、干城、奇兵之諸隊並我兵等持台場ヘ、賊大勢迫リ、防戦中、清瀬近辺並栃尾飛礼近辺山々之官軍悉ク破レ、賊四方ノ高山ニ登リ官軍之陣々ヘ放火シ進ム官軍要所ヲ破ラレ不能防、陣小屋ヲ自焼シテ退ク、土ノ峠之諸隊、我兵等後口ヲ取リキラレ候故、陣小屋自焼シ小高キ所ヘ引上候処、官軍之陣々悉ク火ト成、諸藩此所ニ輻輳シ、防戦ス、翌廿七日卯上刻頃ヨリ官軍悉ク此辺引払ヒ、我隊ハ長州振武隊干城隊ト共ニ一ノ貝ヲサシテ退ク、此所ニテ我兵二番四番隊ト逢、共ニ半蔵金ニ引上ケ候
一ノ貝口、薬師山之一手者<二番、四番隊ナリ>廿六日終日台場ニテ防戦候処、浦瀬、栃窪口要所敗レ候故、此所之官軍モ可引上様ニト、参謀ヨリ命アリ、本津川荷頃遠近之官軍<上田松本、松代、高田、長州振武、干城、奇兵隊>我兵トモ悉ク合策シ、廿七日卯下刻頃ヨリ整兵シテ、一ノ貝ニ退ク此所ニテ土ノ峠ノ三番隊ニ逢ヒ、共ニ半蔵金ニ退キ、山ヲ越シ、此夜丑刻頃長岡川上妙見村ニ出<長岡ヨリ四里余>一小隊ニテ妙見山ヲ守リ、翌廿八日三隊共<二番小隊、三番小隊、四番小隊也>申刻頃ヨリ同村ヲ発シ、金倉山ヘ上リ、参謀之命ヲ待ツ、三番小隊ハ金倉山ヲ打越シ、濁リ沢ヲ経テ蓬木平ニ着、此所ニテ暫ク休ヒ、廿九日未明ニ発シ竹之河内ヲ経テ、陣ケ峰ニ上リ、東ノ方ヘ廻ル、一里余、辰上刻卜思敷頃、金倉山合図之連発ヲ聞ト等シク、諸山ニ上リ居官軍悉ク山ヲ下ル、我三番小隊モ村松ヲ志シテ、直ニ山ヲ下ル<都而打合有之由>一里余ニシテ村松ニ出、同所屯集之賊<米藩廿粕文庫、横山与一長岡山本帯刀大川隊、望月隊外ニ新発田兵合三百許>既ニ逃走ス、是ヲリ山ノ手ヲ長岡之搦手志シテ進、鎌沢村、山沢村、梯村鉢伏ヲ過テ長倉ニ進<近在所々ニ放火ス○柿迄小宅左馬允先鋒、柿ヨリ前田雅楽先鋒>長州振武隊之斥候組十五六人ニ逢ヒ、合隊シ進ミ、四郎丸村ヲ過キ、台場二ツ乗取リ蒼紫明神前ニ到レハ、炮丸頻リニ飛来ル、田之畔ヲ走リ見レハ、我四番之半隊、薩之人数七八人、賊ト戦フ最中也、依テ城之搦手ヲ志シ叱咤シテ進、味方惣勢搦手之堀川ヘ飛込、土手ヲ楯ニ取リ、炮発、我兵振武隊ト合シテ四十人計ナリ、賊ハ正面二三ケ所右横ニ一ケ所、台場ヲ構ヘ、炮発ス、相距一町許リ、炮丸頻リニ打掛ク<前田雅楽田村総策>抜刀励衆、奮戦一時、賊勢不接、我嚮導上野謙吉等始、玉置文右衛門深瀬誠之助、佐古藤兵衛、前田雅楽抜衆進ミ、賊之台場ニ切込ントス、相距三十間許、此時総軍上ミ、下条迄可引上様ニト、中軍之命アリ、薩兵ヨリ振武隊ニ達シ、振武隊ヨリ我隊ニ伝フ中軍之命令背キ難シトテ、振武隊モ引ク故、無余儀元之所ヘ引キ返ル頃、長岡之町家ニ火拳ル、機会不可失ト味方迅進奮激シテ進、賊台場ヲ捨テ走、台場悉ク乗取、大炮等分捕、縦火長岡ニ攻入リ、大手、搦手、同時ニ進ミ、城陥ル、此戦二時、手負二人、戦死一人、姓名別ニ具ス、分捕品数取調未相付候
四番小隊ハ金蔵山ヨリ蒸亀ニ下リ、廿八日台場ヲ築キ、徹夜守リ、廿九日未明発シ、金倉山ニ上リ、合図ヲ聞ト等シク直ニ山ヲ下リ、村松ニ出、本街道ヨリ<長岡ヨリ上州ヘノ道ナリ>進途中ニテ、左半隊ハ此道直ニ進ミ、右半隊ハ山之手ヲ長岡之後口ヲ志シテ進ミ、半途ニテ台場二ケ所乗取リ、四人打斃シ、一人ヲ斬斃ス、<松尾内蔵太斬之>近在所々賊之空陣ヘ放火シ進ミ、長岡城之搦手ニ出、三番小隊ト合隊シ戦フ、二番小隊ノ左半隊、廿八日夜金倉山ヲ越テ濁リ沢ニテ暫時休兵、廿九日未明発シ谷川ヲ下リ、村松ニ出ッ、賊既ニ逃走ス、是ヨリ長岡街道ニ出、宮之内ヲサシテ進ミ、此所ヨリ長岡城之千注口ヘ進、近在所々賊兵縦火去ル官軍モ亦放火シ進撃、千注口ニ而、右ノ方ヘ田ノ畔ヲ進、此所ニテ四番ノ左半隊ニ逢ヒ合戮シテ戦
四番ノ左半隊ハ、半途ニテ右半隊ト別レ、直ニ長岡千注口ニ進ミ二番ノ左半隊ト合隊シ長州干城隊ニ逢、共ニ進ム、賊ハ正面二ケ所右横ニ一ケ所並町家ヨリ砲発ス、相距ル纔ニ二三十間甚苦戦ス、我兵猶叱咤奮進、賊潰走ル、斃尸無算、分捕無数ニ候得共、皆打捨テ長岡ニ攻入放火、搦手モ同時ニ進、城陥リ官軍大勝利、凱歌ヲ唱ヘ、城ニ入放火、我兵長州振武、干城隊ト共ニ筒場福島辺迄進ム、賊此辺ニ止リ黄昏迄戦ヒ、黄昏ヨリ又三里進ム、此日官軍暁天ヨリ黄昏迄ニ進コト七里余、此戦手負十一人、即死一人、姓名別ニ具ス
別紙死傷、姓名、分捕品覚
七月廿五日薬師山戦
深手 鎌塚貫之助 大玉富之輔
分捕
ミニヘール 一挺 ケウエール 一挺
金子入体巻 一ツ 笠<雑兵笠ナリ>三枚
刀 二腰 脇差 二本 <一本鞘ナシ一本折レ候>
弾薬 少々

同日長岡城戦
討死 玉置清一郎 羽根冨二郎
和平恒次
同日土ケ峠戦
深手 岡村左平太 夫卒 吉五郎
即死 雇人足一人名不知
同廿九日長岡城辺処々戦
討死 岡本文次 深手 上家重五郎
秋本多吉
同日長岡城大手千住口戦
討死 二村伝次郎 深手 青木佶二
<療養中終ニ死ス>光野佐近<小千谷迄引取終ニ自殺ス>嚮導輔助 藤井織之介
薄手 笠鷹之助
深瀬千代蔵
玉置佐吉
松実鉄之助
千葉政右衛門 嚮導 殿居官平
福富少輔
八月朔日栃尾口斥候先ニテ
討死 千葉平三

【越後信濃川畔ノ戦】

加賀藩届書写追録
賊兵信濃川ヲ前ニシ、砲台ヲ数ケ所造築シ敢テ抗官軍候ニ付、辰五月十四日、弊藩小川仙太郎一中隊、進テ大島村ニ到リ、河ノ中沚ニ砲台二ケ所築、同十六日巳ノ刻過ヨリ十八日夕ニ到リ、連日双方砲戦、同十九日暁寅刻過、長州兵小艇ヲ以、長岡城ヘ致進入、可及相図旨告来候ニ付、卯刻過ヨリ又発砲ニ及ヒ、互ニ烈敷射撃イタシ候内、兵燹数所ニ起リ候ヲ以、長州兵既ニ城ヲ抜候ヲ察シ、藩兵機会ニ乗シ川ヲ越、草生津村ニ火ヲ放チ致追撃候、依テ賊徒敗績、悉ク栃尾辺ヘ逃遁イタシ候、右十六日以来、戦争概略如斯、死傷、分捕、別紙之通ニ御座候段、出張先ノ者ヨリ申越候ニ付、不取敢御届申上候、以上
辰五月
加賀宰相中将内
中村家外平
北陸道鎮撫
御総督府
五月十六日戦死
金子弥太郎 夫卒一人
手負
田中吉太夫 宮川健太郎
大崎勘二郎 徳野吉三郎
同十七日手負
吉崎新六
同十八日戦死
西坂丙四郎 小西小三郎
手負
村上喜一郎 越村他次郎
荒木与作 長瀬永之丞
磯野儀兵衛 森川和作
八尾平之助
分捕
拾五拇長忽礟台共 一門 軽海陸砲 一門
短施条砲 一門 小海陸砲 一門
二拾栂臼砲 一門 古流大砲<但台無之>一門
大砲 一門 長銃十九挺
長銃等剣 廿七本 古流百目筒等 五挺
修羅筒 一挺 古流鉄砲<但台無之>十挺
拾五拇榴弾 二拾栂同上 七
拾三栂 右同断 六十四 軽海陸砲散弾玉 十七
楯板 四枚 熊手 八本
袖緘 二本 陣笠 三蓋
拵付刀 二腰 拵付脇刺 二腰
右今度長岡戦争之節、死傷、分捕、如此御座候、以上
辰五月
加州
監軍方
前月十八日、越後長岡ヘ戦争之模様、別紙之通御総督府ヘ及御届候旨申越候間、御届申上候、以上
六月八日
加賀宰相中将内
里見亥三郎

 

慶応4年74号

太政官日誌第七十四
慶応四年戊辰秋九月

【奥州本宮、二本松ノ戦】

九月朔日彦根届書写
七月廿七日午刻土州三小隊、大垣二小隊、忍一小隊、館林一小隊半、黒羽三小隊、彦根三小隊等、順列三春ヲ発シ将ニ本宮ニ着セシトスルニ、阿武隈川渡舟無之、蓋シ賊徒悉ク之ヲ破リ、之ヲ奪ヒ置ケリ、梢ク捜リ求テ三艘ヲ得テ追々渡川スレトモ、輜重多ク、夜モ三更半ニ及フ、然トモ無難ニ本宮ニ達シ、此夜茲ニ宿陣ス、翌廿八日天明、駅ノ西南ヨリ賊千人計襲来ス、官軍固ヨリ備有レハ、速ニ之ニ当リ大小砲ニテ撃却ク、土垣彦ノ持場ノ平地、賊ハ山上ニテ地利宜シカラサレハ、暫時応砲セス、無二無三ニ山上ヘ攣上リ追撃ス、賊例ノ如ク先ヲ争テ逃走ス、纔ニ反戦スル者ハ、或ハ打レ、或ハ檎卜成ル如此土垣彦ノ三兵ハ、一戦ニ追却シテ従容引還セシ処、須賀川口ヨリ襲来シタル賊、館林ノ兵ニ当リ、能戦フ、館林ノ兵危急、頻ニ援ヲ乞フ是ニ於テ彦土各一小隊ヲ遣テ、合兵シテ多人数険ニヨリタル賊ノ処ヘ、奮進追撃ス、賊亦頗ル力戦スレトモ、終ニ支カネ、敗走ス、<彦土死傷アリ>猶之ヲ逐テ二井田村ニ及フ、賊去テ影ヲ見ズ、且賊衆、官寡ナレバ長駆セズ、機ヲ見テ引還ス、又賊二井田村ノ方ヘ進来ノ由ニ付、代ツテ土州ノ新手二小隊ヘ、彦兵堀部弥次郎一小隊進闘ス、賊既ニ二井田村ヲ越ヘ小坂ノ険ニヨリ防戦ス、暫ク茲ニテ烈戦ス、是亦賊防カネ、逡巡高倉村<此地高クシテ敵ノ要所ナリ>ニ引テ防戦ス、官兵又急ニ之ヲ逐フ、賊果シテ小峠ヲ越、悉ク逃走ス、官兵引還ス、高倉村辺迄ノ内ニテ打倒タル賊三十人計アリ、土彦二藩ニテ撃シコトナレトモ、孰レト究メ難ケレハ、其侭ニ捨置ク、最初進入スル時、駅ノ西方、土垣彦持場ニテ、賊ヲ二十人計撃殺スレトモ、三藩之内孰ト究メ難ケレハ、是亦其侭捨置ク、賊死スル者百人計、官軍ハ土ニ死傷九人、館林ニ三人、彦ニ死二人、傷六人、垣羽死傷ナシ、賊将ハ仙藩塩森主税ノ由、本宮ヲ一拳ニ復セント必死襲来セシ由、檎囚ノ者語リケリ、会兵半ハ雑リ居ルト云、此塩森主税ハ仙台ノ一人物ニテ、出陣ノ時、主人郊外迄送リシト云、廿八日暁天、薩州二小隊三春進発、辰半刻頃本宮駅ノ河向迄来着

ス、折柄戦争最中ニ付則彦兵砲発ノ応援セリ
九月
彦根藩
七月廿九日、奥州二本松御追伐之節、小浜口ヨリ長州、薩州、佐土原、備前、本宮口ヨリ薩州土州、忍、黒羽、大垣、弊藩、館林之兵隊等、順列、右両道ヨリ進撃相成候処、賊徒狼狽逡巡、僅薩土両藩之兵隊ニテ、須叟之際及落城候付、後陣之諸藩初、弊藩等、接戦ハ不仕候得共、其節城内ニ於テ、別紙之通分取、出張金穀方エ差出候由申越候、此段御届可申上様、中将申付候、以上
九月朔日
彦根中将家来
新野古拙
一、糧米 六百四拾俵
右者、奥州二本松城ニ於テ、分取仕候、以上
九月

過日御届申上候、奥州三春、二本松進撃之節打取、分取之内、別紙之通御届落ニ相成候趣、申越候間、御届可申上置様、中将申付候、以上
九月朔目
彦根中将家来
新野古拙
一、糧米 四俵
右七月廿六日、奥州蓬田ニ而分取ル
一、同 六俵
右同日、三春ニテ分取ル
一、同 二俵
右同月廿八日奥州本宮駅ニテ分取ル
一、賊首 四級
右同所ニテ打取ル
九月

【御東幸供奉前駆ソノ他ノ事】

同月二日御沙汰書写四通
土佐少将
御東幸供奉前駆被仰付候処、所労ニ付無余儀次第被聞食、依而願之通、同姓兵之助ヘ被仰付候事

青木斎宮
徴士刑法官権判事被仰付

松本省奄
同断

井上聞多
長崎府判事兼外国官判事被免、佐渡知県事被仰付

【奥州椎木、駒ケ峰ノ戦】

同日筑前藩届書写
本月八日、弊藩人数一小隊、中村領黒木村エ為番兵出張為致置候処、同夜賊兵同領椎木ト申所エ押寄候趣、注進有之候間、今少シ番兵人数相増候様、参謀局ヨリ御達有之候間、同九日払暁、二小隊差遣、合三小隊ニテ、中村藩申合、村ハツレエ為番兵繰出候処、仙台賊等、杉林之内ヨリ不意ニ発砲仕候ニ付、中村藩ト合兵ニテ五時ヨリ攻合候得共、賊ハ多勢ニテ厳敷防戦仕、味方者少人数ニ付、大ニ苦戦仕候処、弊藩ハ本陣ヨリ人数駆付、徴兵隊モ応援仕候付、八時ニ至リ賊遂敗走仕候間致追討、仙台領駒ケ峰関門エ追込、一小隊黒木エ為番兵留置、其他之人数ハ中村エ引揚申候、同十一日弊藩人数、長藩一中隊並諸藩大砲九門計、黒木村エ相揃、本道椎木口ヨリ進撃仕候様御達ニ付、長藩合併ニテ往還左右ニ分レ相進、五時ヨリ攻撃相始メ長藩ヨリ左手砲台一ケ所乗取、弊藩モ勇進候処、賊ハ駒ケ峰関門ニ七ケ所砲台築立、国境大事之場ニ付、数千人尽力イタシ、防拒仕候条、官軍苦戦仕、弊藩之大砲ニテ関門之左扉打破リ、因藩之大砲ニテモ、右扉打崩候得共、賊兵猶不屈防禦仕候故、今日中ニ攻落シ度相考候ニ付、遊軍之芸藩ニ応援申遺候、此時長兵之内ニ、弊藩之軽卒一人附属仕、賊陣之後ニ廻リ、寺ニ火ヲ掛燃上リ候、賊モ敗形相見ヘ候折柄、芸兵鬨声ヲ揚候而相進、関門之横ヨリ押掛候間、長藩、弊藩等モ腰刀抜放チ、関門ニ切入、衝突仕候処、八半時頃賊逃亡仕遂ニ諸藩戮力ニテ、駒ケ峰関門乗取申候、此戦ニ弊藩ニ茂賊二十人計討取、其外銃砲ニテ打倒シ候者、余多御座候得共、諸藩打込之事ニ候間、人数ハ難見分御座候旨、士一人戦地ヨリ罷帰、報知仕候、両日諸藩打込之苦戦ニ付、一人之見聞ニテハ、間違之儀モ可有之候得共、先右之旨御届申上候、戦争死傷左之通御座候、以上
九日討死
銃手 小野勝蔵
十一日深手
銃手頭 木付三郎右衛門 遊撃銃士 船田範兵衛
銃手
松井伊蔵 神保鉄兵衛
夫卒 仁右衛門
同 浅手
隊長小川専左衛門男 小川団之助 医師 村上玄育
三苫源吾 吉村謙兵衛
久保代次郎 宮崎甚平
伊東佐平 浜地英三良
竹中与左衛門 家来一人 野方録三郎 家来一人
以上
九月二日
筑前宰相家来
井上六之丞

【奥州広野、新田原ノ戦】

同日岩国藩届書写
去月十八日、駿河守兵隊、常州平潟到着、同廿六日広野迄進軍之処、已ニ芸州会戦頗苦戦之由ニテ交代之儀、長防兵エ申越候ニ付、直ニ交代致シ、弊藩先鋒進撃、賊徒大ニ敗走此日手負左之通ニ御座候
手負 森脇謙輔 寺本虎太
今田安太郎 足軽 藤兼喜八
足軽 川戸十郎介
同廿八日、新田原ト申所ニ会戦、曠野ニ賊兵二千人計屯集之処、弊藩先鋒進撃、大及苦戦抜刀ニテ砲台エ斬入、遂ニ乗取申候、此日死傷左之通
戦死
司令士 佐々木助七郎 嚮導 大屋素輔
森脇孫太郎 佐武泰
小河内邦人 二宮嘉源治
藤井桃一郎
手負
井上三郎兵衛 大塚謙三郎
宇野吉太郎 足軽 大田又兵衛
<揚取後死>三浦卯市
右之通、奥州出先之者ヨリ遂注進候間、不取敢御届奉申上候、猶委曲取調之上、追而御届可奉申上候、以上
九月二日
吉川駿河守家来
今田鉄左衛門

【越後山内口ノ戦】

同日安芸藩届書写
山内口ヘ差出置候弊藩人数、一小隊々長三村槌之丞、新発田兵ト申合、条山其外要所見定メ賊ト対塁、時々発砲イタシ候得共、味方小勢ニ而、タメ合居候処、追々徴兵並薩長兵隊増加シ去十四日暁進撃之軍議相決、諸藩人数本間両道ヲ分チ、進撃之折柄、同暁ハ大雷雨、前途冥々、本道山麓ヲ繞リ出候処、豈図ンヤ賊モ亦暁ニ乗シ襲来ス、愕然相対シ、暫時言語モ不交処、弊藩人数ヨリ何藩ニ候ヤト相尋候ヘハ、薩州ト答フ、暗号イカヽヤト復相尋候処、狼狽シテ不能答、直ニ発砲ス、賊亦発砲シ、双方込矢ヲ装填ノ間合モコレナク、短兵相接シ、官賊混淆、苦戦時ヲ移シ賊ヲ斃スコト多シ、味方死傷亦不少、一ト先ツ収軍、天明後諸藩ト同ク再ヒ進撃シ敗逃之賊ヲ長駆シテ、赤谷ヘ至候処、同所人家賊ノ為ニ焼亡ス、然処、賊敗卒ヲ集メ、綱木村山上ニ屯拠候趣ニ付、翌十五日暁、同村ヲ二道ニ分チ本道、加州、薩州、徴兵、間道、長州、弊藩、新発田、徴兵相進候処、間道ノ兵賊ノ背後ヘ出、賊ノ不意ヲ撃チ、賊落胆シテ遁走ス、而シテ折節本道ノ兵合撃官軍大勝利、日既ニ昏黒ニ及ヒ、荒木村ヘ宿陣ス、其明十六日払暁、諏訪嶺ヲ越、諸藩手ヲ分チ津河ヲ隔賊ト対陣、互ニ打合候得共、雨後河水怒漲シテ渡不得、同日ハ諏訪嶺下ヘ宿陣ス去十四日山内之役、弊藩死傷、生捕、分捕等別紙之通御座候、此段御届仕候、以上
八月
安芸少将家来
寺西盛登

討死
<三村槌之丞組>池内大郎介
手負
同 田川勇次郎 佐々木勇次郎
吉田省蔵 川村常蔵
三村槌之丞家来 与五郎
一、生捕 四人
一、分捕
一、小銃 二十挺 一、大砲車台 一ツ
一、同弾薬 一箱 一、刀 三本
石之通御座候、以上
八月
別紙之通、於出先御届申上候旨申越候ニ付、不取敢御届申上候、以上
九月二日
安芸少将家来
熊谷兵衛

慶応4年73号

太政官日誌第七十三
慶応四年戊辰秋九月

【越後府判事仰付ラル】

九月朔日肥前藩エ御沙汰書写
肥前少将
其方家来山口繁蔵徴士、越後府判事被仰付候間同府ヘ出仕可申付事

【越後新潟中条附近ノ戦】

同日安芸藩届書写 五通
弊藩人数、去月廿五日松ケ崎上陸後、御指揮之趣ヲ以、同所ヘ大砲隊一隊、大砲二門並一小隊、笹岡口ヘ一小隊、山内口ヘ一小隊、三日市口ヘ半隊、五十公野ヘ半隊、水原口ヘ遊撃一小隊差出置申候処、右松ケ崎之分、大砲隊並半隊、沼垂へ差出シ、廿七日夜、下所ヘ砲台ヲ築、信濃川ヲ隔、新潟ヘ砲発、人家焼失、或ハ破損、翌廿八日モ度々及砲戦、廿九日暁新潟ヘ諸藩一同進撃、半時ノ間相戦、賊四人打留申候、夫ヨリ市中探策仕候得共、賊見当不申、且又水原口之儀ハ、廿七日朝進撃仕候処、賊兵直ニ散乱行方相分不申、分取左之通御座候
一、手負 永原繁人組 近藤権六
一、生捕 軽卒四人
一、大小 一腰
一、小銃 一挺
右於新潟
一、荷物 三箇 一、槍 一筋
一、風呂敷包 二ツ
但米沢小児誚蔵荷物
一、両掛 一荷 一、明荷 一ツ
一、行李 三荷 一、脇差 三本
但会津杉本弥助荷物
一、明荷 一荷 一、行李 二ッ
一、風呂敷包 四ツ
但会津三沢勇記荷物
一、蔵庫 封印付 一戸前
一、小銃 一挺
右於水原
右之通御座候、尤沼垂口之大砲隊並五十公野口之半小隊ハ昨日以来引上、今日三日市口ヘ差出、中条迄進撃之筈ニ御座候、委細之儀ハ尚取約メ申上可仕ト奉存候、以上
八月二日
安芸少将家来
寺西盛登
本月二日、三日市駅ヘ出張仕候弊藩人数一小隊御差図ニヨリ、新発田兵二小隊ト同ク中条ヘ繰込、地形ヲ見定候処、中条ノ地タルヤ本道ハ胎内河橋ヨリ黒川等之諸路ニ通シ、万頃ノ沼田ヲ隔テ、陸続タル高山ヲ右ニシ、左ハ森々タル松林村家ヲ繞リ、其間ノ逵路四方ニ通シ、少人数ニテハ中々守リ難キ場所ニ候得共、両藩申合、夫々手配シ相固メ居候処、同六日坪穴、黒川等之賊徒、河ヲ越ヘ、兵ヲ三道ニ分チ夜ニ乗シ襲来スルノ趣、斥候及ヒ近村之者共申出候ニ付、所々篝火等盛ニ焚立、厳重ニ防禦ノ手当仕置候処、翌暁三字過、賊兵果シテ押来、三方ヨリ発砲イタシ候付、本道ハ申ニ及ハズ、横合ヨリモ烈敷大小砲打立、台場ヲ隔テ暫時防戦仕候処、賊兵隙ヲ窺ヒ、後ヲ立切、同所市街処々ヘ放火、黒煙四方ニ漲リ、敵ノ多少モ計得ガタク味方小勢ノ上、新発田兵ハ速ニ引退キ、弊藩人数孤軍ト相成、尚不撓必死苦戦、賊兵十余人モ打斃候得共、何分賊ノ銃丸如雨、隊長之ガタメニ戦死、不得己繰引、貝屋迄引揚候処、賊勢ニ乗シ追蹝尾撃、尚又三日市迄引揚申候、其節弊藩死傷別紙之通御座候、此段御届申上候、以上
一、討死 半隊長 川村常之進
一、深手 同附属 加藤栄次郎
一、浅手 同 高橋源六
右之通御座候、以上
八月十日
安芸少将家来
寺西盛登
去月廿七日、徴兵五番小隊、長州奇兵一小隊新発田一小隊、薩州砲一門及弊藩一小隊々長、永原繁人、笹岡表出張之砌、堤村ニ於テ光円寺ト申寺内ヘ賊徒屯集之旨ニ付、諸藩一同進撃発砲之所、賊忽奔潰、尚残賊寺内ヘ潜匿致居候ニヨリ、同寺焼払ヒ、笹岡ヘ着之処、尚又宮下ヘ可繰込之御達ニ付、直様同所ヘ繰込、翌廿八日重テ保田表ヘ進撃之旨、長州ヨリ通達ニ付、同夕着陣、同所ニ於テ日ヲ閲スル一日、本月朔日久草津屯軍ノ賊徒、攻撃ノ手配有リテ、諸藩兵隊三道ニ分チ、本道ハ長州兵一小隊、薩砲一門ヲ以テ相進、山ノ手間道ハ長州兵先鋒トシ、新発田兵コレニ次キ、田間ノ間道ハ明石兵先鋒、弊藩一小隊コレニ次キ進撃ス、途上賊ノ斥候ト覚シキ者、数輩相顕レ発砲候付、忽打留置キ急追仕候処、右三道遠近迂直モコレアルニヤ、赤坂賊塁ヘ押寄候ハ、弊藩兵隊第一ト相成リ、各先ヲ争ヒ衝突激戦、大凡賊三十人計打倒候様、相見候折柄、諸藩兵隊モ亦同ク相集リ、戮力奮撃ノ処、賊辟易シテ抗スル不能、終ニ潰走官軍大勝利ナリ、此日弊藩兵隊一人モ死傷無御座候、諸藩奮戦尽力之次第ハ各々ヨリ御届可申上与奉存候、爾後赤坂ヘ賊ト砲台ヲ対築シ昨夜迄ハ折々互ニ発砲イタシ居候趣、出張先ヨリ申越候、此段不取敢御届申上候、以上
八月十日
安芸少将家来
寺西盛登
弊藩永原繋人率居候一小隊、本月朔日戦争後去九日迄ハ賊ト対塁、時々発砲イタシ居候趣ハ過日御届仕候通ニ候処、同十日小松関門乗取ル可クト存シ、薩州一小隊、長州半隊、弊藩半隊進撃シ、両度迄接戦ニモ及申候得共、何分賊勢盛ニシテ弾丸雨集、不得已故塁迄繰引仕候、同夕味方ノ勢同所着ニ付、翌十一日諸藩申合、間道山手ヘ、長州、明石、高田三藩ノ兵相進ミ、本道ヲマタ二ニ分チ、川手越前兵先鋒、山手弊藩兵先鋒、後詰ハ薩長兵ニテ進撃仕、不相替賊勢盛ンニ候得共、諸藩奮戦ス、八ツ時頃ヨリ黄昏迄苦戦、終ニ小松関門乗取申候、其節会桑印付ノ玉薬等、別紙之通分捕仕候、尤右弊藩一小隊ハ新発田迄引取候様、御達御座候得共、同所引揚候テハ跡手薄相成候付、先見合候様、其段御参謀局ヘ委曲御届致候趣、長州参謀示談御座候ニ付、其侭同所ニ罷在候旨申越候.此段御届申上候、以上
八月十三日
安芸少将家来
寺西盛登
一、大砲弾薬 三箱 一、小銃弾薬 三箱
一、小銃 一挺 一、刀 一本
右分捕仕候、以上
兼テ出兵仕候弊藩人数、去ル七日中条ヨリ三日市駅迄、一ト先繰上ケ、其節中条苦戦ノ次第ハ早速御届申上置候通候処、其後薩兵一小隊、弊藩遊撃半隊、引続同所三日市駅ヘ御繰出ニ相成、翌八日軍議有リテ館村本道ヨリ以東山田辺ハ薩州ヨリ砲台ヲ築キ、川口村金子筋間道ヨリ以東今泉河北ハ弊藩ヨリ砲台ヲ築キ、川口村以西ハ新発田藩ヨリ守ル約ナリ、折柄明九日暁三字、中条ヘ大斥候トシテ三藩可繰出旨、会議所ヨリ達有之、翌暁期ノ如ク、三藩本間ノ両道分チ相進ム、十一字前中条ヘ達スル処、賊尽ク去テ一人モ不在見附、坪穴辺ヘ引取候聞ヘアルニ付、尚又黒川口可繰込旨達ニ付、即刻進発、夕三字過頃達ス、然処、一応中条ヘ引返シ大軍議アリテ、明十日三字諸口共大進撃之布告アリ、乃引返シ候、就而ハ弊藩人数一小隊、大砲一門菅谷口ヘ出張仕候処<本月四日菅谷口ヨリ斥候トシテ、新発田一分隊、弊藩一分隊、坂井村迄差出候処、同所ニ於テ賊ノ斥候ト出逢ヒ、放撃シテ二人打斃シ候、余ハ不残遁走候ニ付、所々ヘ手配、捜索仕候得共、終ニ見当リ得ス、其侭捨置、菅容ヘ引取候>同夕六字頃、中条ヘ繰込べク旨、是又達ニ付同所引上ケ、即夜十字過着ス、此ヨリ前キ酒屋表ニ罷在候弊藩人数、頃日、新発田ヘ引揚ケ居候一小隊、大砲一門モ亦出張ノ達アリテ同夕同所着ス、翌暁期ノ如ク新発田兵二小隊、大砲二門先鋒トシ、弊藩人数併セテ三小隊、大砲二門コレニ継キ、見付ヘ進撃ノ処、花立村賊徒、砲台ヲ築キ屯拠之趣ニ付、花立村隣村荒島迄繰込、賊ノ模様窺ヒ候処、山腰樹蔭ヘ砲台一ケ所相構、又隔テ村屋ヲ後ニシ本道ヘ臨ミ、砲台一ケ所相構ヘ以テ進路ヲ拒ントスルノ姿ニ相見ヘ候ニ付、賊塁ヲ去ル三丁許、荒島、花立両村ノ境山麓ヘ、先ツ大砲居ヘ置、折々弾丸相放チ進マサルノ勢ヲ為置テ、新発田一小隊、弊藩遊撃隊一小隊山後ヨリ潜行シテ、賊塁ノ峰頭ヘ出テ、吶喊一斉、上下ヨリ夾撃候処、賊徒倉皇須臾モ支ル不能シテ、追路ヲ塞カン為メ、人家ヘ放火シ、見附ヲ指シテ逃遁ス、尾撃スルコト十丁余ナレ共、晩来大雨縄ノゴトク、前途暗黒咫尺ヲ弁セス、故ニ窮追ヲ止メ荒島迄引取候、同十一日払暁進発シテ見附ヘ押寄候得共、賊已ニ奔逃候ニ付、尋イテ下関ヘ繰込候処、賊徒榎峠ニ拠リ候趣ニテ、直ニニ重嶺ヲ越ヘ、鷹巣峠ヘ上リ賊卜対塁、遠合ヨリ互ニ砲発仕居、翌暁三字ヨリ進撃ノ手筈ニテ、諸藩兵隊三道ニ分チ、本道先鋒新発田兵一小隊、弊藩二小隊、大砲二門、徴兵十二番隊ナリ、薩州半隊、長州半隊、コレニ後詰シ、間道岩国兵半隊、弊藩遊撃半隊宛左右ヨリス、薩兵半隊、長兵半隊ヲ預備トシ、本道ノ兵啄先ツ山麓ヨリ相逼リ各々声ヲ発シ銃丸霰ノ如ク来ヲ侵シ、無二無三ニ押寄セ賊ト相隔ル二三間、賊発銃ニ遑アラズシテ、或小石ヲ擲チ、相拒候得共、奮戦烈撃ス、賊之カ為ニ辟易、一時ニ蹂躙ス、忽チ峠ヲ乗取リ、猶モ勝ニ乗シ、急追狙撃、賊徒之カ為ニ多ク斃ルコト無算、此日間道ノ兵隊同時相会シ前後ヨリ犄角セハ、賊ノ鏖滅必矣、官軍遂ニ進テ沼村迄繰詰、夫々要所ヘ護兵布置有テ、余ハ収軍、川口及ヒ上下関ヘ凱旋仕候、右戦争之節、弊藩手ニテ雑卒二人捕縛仕候、此段御届申上候、以上
八月十八日
安芸少将家来
寺西盛登
別紙之通、出先ヨリ申越候間此段御届申上候也九月一日
芸州藩

慶応4年72号

太政官日誌第七十二
慶応四年戊辰秋八月

八月廿九日御沙汰書写九通

今般蒼生御綏撫被為遊度思食ヲ以御東幸ノ儀被仰出候処、当春以来、数多ノ兵隊陸続御発遣等ニ付テハ、沼道宿駅ノ難渋、不一方趣相聞ヘ、旁非常御軽装ヲ以御発輦被為在候程ノ儀ニ付、供奉ノ面々御趣意ヲ奉戴シ、沼道休泊、人夫使方ニ至迄、総テ心ヲ用ヒ、宿駅迷惑無之様可取扱候、万一権威ケ間敷、不条理ノ取計振於有之テハ、当人ハ勿論、其主人長官ノ越度ニモ可被仰付候条、小者末々ニ至迄、聊心得違無之様、其主人長官ヨリ、厳重可申聞旨被仰出候事
八月

芸州
其藩大坂市中巡邏被免候ノ旨、申達候事
八月

先帝御忌日、是迄御発喪日ヲ以テ、十二月廿九日ト被為定置候処、今般御制度復古ノ折柄第一御追孝ノ思召ニテ、古礼ニ被為基、以来崩御御正忌ノ通、十二月廿五日ニ被為定候旨、被仰出候事
但正当御忌日及毎月御忌日ニモ、御精進等ノ末弊被廃候事
八月

品川沖ヘ碇泊ノ徳川亀之助軍艦并帆前船等八艘、当月廿日夜、無届何方ヘ歟出航候旨、従東京申来リ候、既ニ亀之助ニ於テハ、恭順罷在、且軍艦乗組ノ者ヨリ歎願ノ趣、被聞召届、以格別ノ御趣意、右軍艦等被下置候儀ニ付、決テ粗暴ノ拳動有之間敷候処、如何ノ次第ニ候哉、猶此上暴動候テハ主家ニモ相係リ候ノニナラズ、朝廷御多端ノ折柄、紛擾ヲ醸出シ、不容易事ニ候間、見付次第篤ト糾問ノ上、其子細可申出候、万一暴動ニ及候ハヾ、発砲撃挫不苦候旨御沙汰候事
八月

津和野中将
今般御即位御大礼被為行候ニ付、新式取調被仰付候処、迅速出来、御大礼無滞被為済御満足ニ思召候、格別尽力ニヨリ、為御褒賞賜此品候事
八月

福羽五位
今般御即位御大礼被為行候ニ付、新式取調被仰付候処、迅速出来、無滞被為済、尽力成功為御褒賞、賜此品候事
八月

長崎府
今般肥後国天草県始、肥前御領一円、其府支配候様被仰付候事
八月

長門宰相
其藩兵隊一大隊御東幸供奉被仰付候事
但二中隊ハ御泊所一駅前、一中隊ハ一駅後罷下、一中隊御備警衛被仰付候事
八月

近年於旧幕府、屢金銀吹替、融通致シ候以来贋金銀間々有之、実ニ万民ノ迷惑不一形候、当今大政御一新、政体一途ニ基キ候折柄、右様ノ所業有之候テハ、不謂事ニ付、於府県モ巌重吟味、被仰付候条、各藩ノ儀ハ、其主人ヨリ取糾可致候、自然手掛リノ者有之節ハ、速ニ刑法官ヘ可申出、万一其領内不取締有之他ヨリ洩聞候節ハ、其主人ノ落度タルヘク候、此段屹度可相心得旨、相達候事
八月

秋田万之助
其藩事、先般不容易ノ聞ヘ有之候ニ付、事実御検査被為在候迄、先ツ京詰家来於邸内禁足他藩出入被差止置候処、速ニ反正及降伏候間謹憤被免、城地是迄ノ通被下置候、依之京詰家来共、平常ノ通可相心得旨御沙汰候事
八月
八月晦日福知山藩届書写二通
去月廿五日弊藩人数、太夫浜小荷駄輜重等、御守衛罷在候処、同廿八日萩島辺ヘ賊徒多人数屯集之趣、近村ノ者ヨリ注進ノ由ヲ以、軍曹中川秀之助殿ヨリ弊藩人数之内、分隊早々二本木村辺ヘ繰出候様、御差図ニ付太夫浜申刻出兵、翌廿九日二本木村ヘ着陣、直ニ芸藩申合、台場等築立、守衛罷在候内追々日暮ニ至、戌刻頃ヨリ凡百間許ノ川ヲ隔、小銃ヲ以打合候内、子刻頃ヨリ敵兵頻ニ発砲、既ニ寅半刻ニ至リ、互ニ砲戦候得共、更ニ勝敗不決候ニ付、芸藩ト申合、凡八丁計水上ニ渡シ有之候間、其処迄密ニ駆抜ケ、小船ヲ以速ニ乗渡、向岸土手伝ヒ、敵間近ク駆進、両藩申合、人家之表裏ヨリ、一斉ニ進撃候処、賊散々ニ敗走、賊一人弊藩佐原将曹隊ヘ討捕申候、其外分捕等別紙之通御座候、此段不取敢御届申上候、以上
八月
朽木近江守家来
榊原甚五右衛門
分捕
サワヘル 一丁 刀 二本
脇差 一本 貝 一口
弾薬 一箱 銭莚包 一ツ
右之通御座候、以上
弊藩人数一小隊、去十日卯半刻中条発陣、佐々木村着到仕候処、賊兵川向フ小山ニ台場ヲ築キ凡百人計相見候ニ付、岩国藩ト申合土居際ニ撒兵ニテ一時ニ相進ミ、砲戦、未刻ニ至リ勝敗不決ニ付、岩国兵弊藩一分隊川ヲ渡リ急ニ相進、川手前ヨリモ頻ニ発砲仕候処、賊兵大ニ敗奔仕候、渡舟之節、白井武勇隊一人水中ニテ討死仕候、此段不取敢御届仕候、以上
八月
朽木近江守家来
榊原甚五右衛門
討死 白井武勇隊
塩見弟八
右塩見弟八事、先頃仁和寺宮ニ随従シ敦賀表ニ滞陣中、軍律ヲ犯シ、酒楼ニ登リ、就捕、其侭有罪ノ身ヲ以テ越後ニ至ル、今度進軍ノ砌、軍監ヨリ出陣ヲ免セラレ、功ヲ以前日ノ罪ヲ償フヘキ由ヲ拝命ス、過日佐々木村ニテ進撃ノ節、砲戦、川ヲ隔テ藩兵進マント欲シ、船ナキヲ憂フ、賊兵其岸ニ小舟ヲ繋キ防拒ス、弟八右舟ヲ奪取リ、他日ノ罪ヲ謝セント、直ニ川中ニ飛入リ、僅三四間泳出候処、賊ノ砲丸ニ中リ、頭上ヨリ頚ヘ三寸計打貫レ死ス
昨十一日弊藩人数一小隊、岩国藩申合卯半刻佐々木村出陣、村上城ヘ追々相進、牧目村迄至リ候処、村上城辺ニ火炎相見候ニ付、尚又急ニ駆進、追手口ヘ相向候処、空城ノ模様ニ付、門ヲ推開キ、直ニ入城、追々進入、本丸ニ至リ斥候隊ニテ一人討取、其余賊兵一人モ居リ不申候、申刻同所引揚、佐々木村迄引取申候、分捕別紙之通御座候、此段不取敢御届申上候、以上
八月
朽木近江守家来
榊原甚五右衛門
分捕
旗<赤黒染分紋所藤>二流 幕 二張
鉄砲<内五挺火縄打>十挺 大礟 一門
大小砲弾薬 三荷 小銃弾薬 三箱
雷帽子 一箱 刀 五本
脇差 四本 鉛 四包
右ノ通御座候、以上
右之通、出陣先ニ於テ御届申上候役、出張ノ者ヨリ申越候ニ付、不取敢御届申上候、以上
八月三十日
朽木近江守家来
中野斎

御渉汰書写八通 追録
海江田武次
軍務官判事被仰付

宮崎達次郎
奈良府権判事被仰付

長谷川深美
軍務官権判事被免学校掛被仰付

各通 井口嘉一郎
斎藤素軒
鷲津九蔵
権弁事被仰付

三沢揆一郎
当官ヲ以テ箱館府権判事兼勤被仰付

佐々木三四良
天草県知事被免鎮将府判事被仰付

同人
叙従五位下

山口繁蔵
徴士越後府判事被仰付

【越後一円平定ノ事】

長府藩届書写 追録
八月三日、越後国三条川端ニテ少戦、賊敗走
同四日、加茂ニテ戦争、賊兵退キ去ル
同十日、三条本陣新津ニ転ス、当所ニテ薩川長州暫時休兵、其他ノ各藩先鋒
同日、村松世子百五十余人引率シテ官軍ニ降伏
同十一日仁和寺宮柏崎ヨリ三条ヘ御移陣
同十三日、中条、黒川ノ両所ニテ戦フ、賊遂ニ敗績
同日村上城ヘ攻撃ノ処、賊徒防禦ノ術絶ヘ、遂ニ落城ス
八十里越、六十里越、津川ヘ加州、尾州、松代、上田、其他ノ官兵固守罷在候
右之通申越候、其後越後全国平定仕候趣ニ御座候、此段御届奉申上候、以上
八月
毛利宗五郎家来
江口信

慶応4年71号

太政官日誌第七十一
慶応四年戊辰秋八月

【東京行幸被仰出】

八月廿九日御布告写
東京行幸九月中旬御出輦被仰出候事
但、御道筋東海道之事

【供奉ト京阪警護ノ事】

同日御沙汰書写十四通
木戸準一郎
東京行幸供奉被仰付一通御用相済次第早々帰京可致旨御沙汰候事

土佐少将
東京行幸前駆被仰付候事

加藤遠江守
同文

因幡中将
東京行幸後駆被仰付候事

備前侍従
東京行幸供奉被仰付候事

池田丹波守
東京行幸供奉被仰付候間、宗家兵隊引率後駆可相勤様御沙汰候事

備前侍従
末家池田丹波守ヘ別紙之通被仰付候間、其方兵隊附属可致様御沙汰候事

加藤出雲守

御東幸供奉輔相付、被仰付候事

平野内蔵助
御東幸ニ付、女房旅中取締被仰付候事

薩摩少将
今般御東行被為遊候付、京帥御警衛被仰付候、御留主中諸取締向別而至重之事ニ付、緩急之節ハ不及申、平常取締方、精々厳重可取計旨被仰出候事
八月

長門宰相
右同文
但長門守儀、先般帰国御暇願之通、暫ク御許容候処、不遠上京ニ付而者、其方儀者、兼而所労之趣モ有之事ニ付、長門守京着之上、帰国可為勝手候事
八月

肥前少将
今般御東幸被為遊候ニ付而ハ、御留主中京師諸取締向、別而至重之事ニ付、其方人数ヲ以警衛被仰付候条、緩急之節ハ不及申、平常取締方、精々厳重可取計旨、被仰出候事
八月

彦根中将
右同文
八月

黒田美濃守
今般御東幸被為遊候ニ付大坂表警衛被仰付候、就而者海陸要衝之地、御留守中諸取締向、別而至重之事ニ付緩急之節ハ不及申、平常取締方、精々厳重可取計旨、被仰出候事
但先般長州兵隊、北越ヘ被差向候節、其藩所持之軍艦、至急ニ御用被仰付候ニ就而者、其方上京之儀、暫ク御猶予被仰出候趣モ有之候得共、此度早々上京候様御沙汰候事
八月

【越後長岡附近ノ戦況】

同日尾張藩届書写
去月廿四日夜、長岡ヘ賊徒忍入、所々放火、諸藩陣場夜襲、藩々尽力之処苦戦之趣、廿五日暁以来追々小知谷ヘ報知有之候付、即刻弊藩津田九郎次郎一隊、妙見村ヘ高橋民部一隊浦村ヘ出張為致候、右変動ニ付、諸藩小荷駄方散乱之趣相聞候付、同所民政局ヘ掛合即時兵糧為焚出、三仏生村ニ於テモ為焚出、妙見等ヘ引上候、諸藩隊々ヘ運輸仕、其後モ日々為焚出申候
九郎次郎隊妙見ヘ出張之上、六日市蛇山之方ヘ一同進軍、本道、間道二ケ所ニ土塁築立長岡ヨリ引上ケ候長州、松代兵ト戮力守衛、昼夜不断斥候差出、諸藩ヘ兵糧弾薬等通融、廿六日薩長両藩三小隊繰込候付、本道、間道両所之土塁、右兵ト交代、同夜中妙見ヘ引上ケ、見張巡邏無間断取計候、然処、賊徒蛇山村ヘ入込、土塁築立屯集、廿七日山県参謀差図ニ因テ、九郎次郎右ノ半隊滝谷村峠ヘ陣取左ノ半隊ハ本道ト堤之間、畑中ニ土塁三ケ所築立、斥候巡邏等厳重守衛候処、賊徒頻ニ発砲、弊藩ヨリモ相応シ、交互連発、同日官軍追々繰込、廿五六小隊ト相成、臨期二三百人前、或五六百人前兵糧、九郎次郎隊中ニテ昼夜紛骨無滞運輸仕候、二十八日官軍猶又繰込三十五六小隊ト相成、発砲候得共、賊徒不応、廿九日長州干城隊一手、東方山上ヨリ十日町之際ヘ押出、官軍東西南三方ヨリ、一時ニ進撃候処、賊敗走ス、官軍勝利、此時九郎次郎隊ニテ、討取、分取等有之、薩長並九郎次郎隊共四五隊ハ駐隊、土塁厳重守備候処、夜ニ入、関原参謀ヨリ差図ニ困テ、九郎次郎隊妙見マテ引上固守、翌朔日小知谷ヘ引上申候
廿七日分隊候九郎次郎右ノ半隊ハ御親兵ト併合、廿九日朝長藩参謀差図ニ因テ、村松村ヨリ山手ヘ、順路長岡ヘ進軍、夫ヨリ富島ヘ進ム、此時賊一人アリ、追駆シテ宮地、浦瀬ノ間山手ニ至リ、右賊ヲ注目発砲候折柄、山上ヨリ賊徒小銃連発、味方ヨリモ発砲、数刻ニ及ヒ候処、賊発砲稀ナリ、陣後富島ヨリ官軍多勢、鯨波ヲ発シ進軍、賊山上之台場ヨリ浦瀬ヘ下リ、椿沢村ヘ逃去候付、薩長、高田初同村ヘ進軍、九郎次郎隊ハ浦瀬村之峠ヘ進撃候処、賊山上ヨリ小銃五六発、黄昏村民三十人計引率、鬨ヲ作リ山上ヘ進ム、賊遁逃ス、因テ同夜浦瀬村ヘ引揚、翌八月朔日朝薩長両藩ノ差図ニ因テ、御親兵ト併合、栃尾ヨリノ要路乙吉村峠固守、午刻過長州八番隊十番隊、栃尾進撃之由、申半刻頃伝聞ニ因テ御親兵ト戮力進軍之儀談合中、及黄昏候付、山下比礼村ニ宿陣、翌二日見附宿巡邏、三日朝小千谷ヘ引揚候様、長藩ヨリ達ニ付、引揚申候
浦村ヘ出張之高橋民部隊ハ、廿五日手配中長州参諜ヨリ差図ニ因テ、浦村ヨリ下手渋海川境マテ一里半余之処固守候様、達有之候処、一小隊之人数ニテハ充実之固守不行届無余儀両三人ツヽ、所々ヘ分配、全斥候番兵之心得ヲ以テ守衛イタシ、援兵ヲ乞候処、二十七日高田、富山之両藩二小隊程加勢ニテ守備、時々川ヲ隔テ砲戦、二十九日暁ニ至リ十日町之方ニ砲声劇敷、妙見ヨリ官軍総勢進撃、賊徒敗衄、川向ヒニ群リ潰走ス、川越ニ発砲、浦村続キ中島村マテ敗賊ヲ横衝砲撃シ、午後川ヲ渡リ、十日町辺之残賊掃撃、長岡ヘ進入候様、関原参謀差図ニ因テ、所々探索之処、賊一人モ不見、其夜長岡宿陣、進退大島出張之参諸ヘ問合候処、森立峠ヘ進軍候様達ニ付、八月朔日朝繰出候処、猶又長岡会議所ヨリ、今町相固候様差図ニ付、加州藩一小隊ト右村巡邏斥候等差出、固守罷在候、此時弊藩ヘ分捕之物品別紙之通御座候、川袋脇川ヘ出張罷在候、弊藩中川庄蔵隊ハ去月廿九日午刻、大監察荒尾駿河ヨリ差図ニ因テ分配、一小隊程ノ人数、川ヲ越ス、裏手ヘハ加州勢出兵、庄蔵分隊ハ川通リヲ進ミ、天神村ヨリ川辺村、関根村、宮内村、長呂村、島田村辺迄賊徒屯集之処々撃掃進軍ス、右ノ節、分捕別紙之通ニ御座候
同日夕川手前ヘ移陣固守、猶為斥候長呂付ヘモ人数差出候、然処、与板会議所ヨリノ差図ニ因テ、翌八月朔日中条付ヘ進軍、翌二日地蔵堂ヘ繰込、直ニ下粟生津付ヘ出兵、右駅守備、吉田村ヘ斥候差出、賊兵右駅守備、吉田村ヘ斥候差出、賊兵四人生捕、地蔵堂会議所ヘ差出申候
原村ニ、松代藩ト合陣、出張罷在候弊藩井野口久之丞隊ハ、松代藩申合、八月朔日朝、信濃川堤ニ対陣罷在候賊塁ヘ押寄候処、賊已ニ遁逃、依而右台場掛小屋トモ都合四ケ所焼払、馬越村ヘ出進、直ニ右ノ半隊ハ松代藩ト合併、田尻村ヘ進軍、猶又同夜大川津村ヘ進ミ翌二日熊之森付ヘ繰出シ候、左ノ半隊ハ馬越付光源寺ヘ対陣、同三日熊之森村ヘ着到仕候
右之趣、北越ヘ出張罷在候弊藩先鋒総括千賀与八郎ヨリ遂注進候付、不取敢御届申上候様、大納言ヨリ申付越候間、申上候、以上
八月廿九日
尾張大納言家来
尾崎八右衛門

浅手 千村平右衛門家来 伊藩鎌次郎
右ハ六月廿二日、越後国半蔵金村ニ於テ戦争之節、手負仕候、此段御届仕候
八月廿九日

奥州盛岡領郷士脱走
臼沢慶蔵
信州高遠領郷士脱走
原野只一
越後与板領走出村庄屋
松宮隆太郎
麓村
彦三
右之者共、弊藩中川庄蔵隊、粟生津付ヘ出兵吉田村辺ヘ、鈴木富五郎初十一人、斥候旁付々賊兵為探索差遣候節、生捕、一ト通リ吟味
之上、地蔵堂会議所ヘ差出申候
右之者共所持之品、左之通
臼沢慶蔵
大小 一腰 風呂敷包 一箇
胴巻 金丗四両二分入ル 一ツ
原野只一
大小 一腰 風呂敷包 一ツ
胴巻 金廿三両二朱入ル 一ツ
松宮隆太郎
赤毛トン一包之内
白小旗 一本 書類 一巻 但手帳並越後図トモ
紙入 一ツ 胴乱 一ツ
紙類入皮篭 手道具入皮篭 金一歩二朱入リ
内違 金五十三両入り 切袋 金三朱ト銭一貫五百文入ル
両口袋 品々入ル
切袋 銭九貫九百文並蝋燭田業粉入ル
脇差 一本 衣類挑灯等 六品
彦三
風呂敷包 一ツ
右之通御座候、以上
八月

小銃 タス共 一挺 刀 一腰
刀身 二本 袴 二ッ
毛織襦袢 一ツ 錦袖印 一ツ
割羽織 二ツ 帷子 二ツ
筒袖羽織 一ツ 単物 三ツ
汗襦袢 一ツ 綿入 二ツ
股引 二ツ 毛皮 一枚
筒袋 一ツ 書物 一束
書付類 一束 弾薬 二包
猿殿中羽織 一ツ 筒袖襦袢 五ツ
風呂敷 二ツ 両口袋 一ツ
細帯 一ツ 紙入袋 一ツ
右弊藩高橋民部、浦村ヨリ今町迄進軍ノ節分取ル
賊一人 討留 小銃 一挺 刀 一腰
右十日町戦争之節、弊藩津田九郎次郎隊、分取ル
兜 一ツ 臂罩 一ツ
槍 二本 刀 三本
脇差 十五本 長鳶口 一ツ
小銃 六挺 貝 一ツ
三十目銃 一挺 小旗 四本
笠 十蓋 雑具入長持 一棹
大砲車 六挺 渋紙包 雑具入 九ツ
風呂敷包 十一 小道具類 品々
雑具入葛篭 十二 箪笥 雑具入 四棹
毛トン包 一ツ 紙包 一ツ
右川袋ヨリ進軍之節、弊藩中川庄蔵隊ヘ、分捕ル
車台大砲 一丁 凡三貫目計
弾薬 但絵符ニ米沢藩福島源作ト記ス
右同節、大監軍荒尾駿河斥候之者ト中川庄蔵斥候之者ト両人ニテ分捕ル
但右品物、荒尾駿河陣所ヘ相廻申候
ナポレオン加農玉 六箱
三貫目破裂丸 九ッ
鉄葉弾 三ツ 火薬 七貫目
小銃弾薬 二箱 替火門 十一
焼玉 八ツ 槍 二本
雷管入 二ツ 小旗 一本
火茰 三十本 蝋松脂硫黄 一箱
右於馬越村、弊藩井野口久之丞隊ヘ分取ル
元込弾薬 一箱
右於熊之森村右同人隊ヘ、分捕ル
右之通御座候、以上
八月廿九日