慶応4年4号

太政官日誌第四
慶応四年戊辰三月

【聖上列候ヲ召シテ天下一新ノ詔勅ヲ賜フ】
二月二十八日
皇帝陛下、親シク列侯ヲ玉座近ク被為召、詔曰、朕夙ニ天位ヲ紹キ、今日天下一新ノ運ニ膺リ文武一途公議ヲ親裁ス、国威之立不立、蒼生之安不安ハ、朕カ天職ヲ尽、不尽ニ有レハ、日夜不安寝食、甚心思ヲ労ス、朕不肖ト雖モ、列聖之余業先帝之遺意ヲ継述シ、内ハ列藩万姓ヲ撫安シ、外ハ国威ヲ海外ニ耀サン事ヲ欲ス、然ルニ徳川慶喜不軌ヲ謀リ、天下鮮体、遂及騒擾、万民塗炭之苦ニ陥トス、故朕不得已、断然親征之議ヲ決セリ、且已ニ布告セシ通リ、外国交際モ有之上ハ、将来之処置尤重大ニ付、天下万姓之為ニ於テハ、万里之波涛ヲ凌キ、身ヲ以艱苦ニ当リ、誓テ国威ヲ海外ニ振張シ祖宗先帝之神霊ニ対ント欲ス、汝列藩朕カ不逮ヲ佐ケ、同心協力、各其分ヲ尽シ、奮テ国家ノ為ニ努力セヨ
【各国公使参朝ノ事】
各国公使参朝之件々左ニ記ス
一、前日各国公使エ何刻<西洋第幾字>令参内之旨外国事務補ヨリ書翰ヲ以、三ヶ国公使エ通達ス
一、当日各国公使参内之節外国掛リ公卿、諸侯、建春門内迄出迎但外国掛リ判事一人ツヽ公使旅館迄、前導トシテ被遣、公使同道ニテ参内ス
一、公使虎ノ間迄誘引、外国事務補相勤但判事附添
一、虎ノ間座席進退、外国掛リ、公卿、諸侯相勤但判事準之
一、茶菓ヲ賜フ、程合ハ外国掛リ判事取計ヒ、配膳ハ使番ニテ取扱フ
一、各国公使相揃候段、外国掛公卿諸侯ヨリ以非蔵人注進
一、副総裁及外国事務督輔、内国事務督輔出会ス
一、皇帝出御干南殿
一、内国事務補出御之旨ヲ、外国掛リ公卿、諸侯エ通達ス
一、外国掛リ公卿、諸侯、公使ヲ誘引ス
但虎ノ間ヨリ日華門内ノ東階マテ誘引夫ヨリ直ニ昇殿
但判事<徴士>日華門外マテ、外国掛リ非蔵人ハ東階下マテ附添
一、日華門内、外国掛リ公卿、諸侯、誘引之先へ、内国事務輔前導ス
一、公使ノ日華門内ニ入ルヲ見テ楽ヲ奏ス
一、前導ノ内国事務輔、誘引シテ直ニ本座ニ着ス
一、公使東階ヨリ昇段、外国掛リ輔誘引ス
一、公使拝天顔
一、公使名披露、山階宮、三条大納言侍ス、通訳外国事務判事伊藤俊介亦侍ス
一、有勅語、大臣<山階三条>之レヲ伝フ
一、公使奉答ス
一、判事、公使ノ奉答ヲ言上ス
一、公使随従之士官、進テ拝天顔
一、随従士官名披露、判事言上ス
一、判事伝勅旨
一、礼式相済、公使西階ヲ下リ月華門ヨリ退ク
一、公使ノ月華門外ニ出ルヲ見テ、奏楽ヲ止ム
【仏国公使等参朝】
二月三十日午ノ半刻、仏国公使レヲンロシユベニユス、船将ロワシユピレツキス、船将ペティトワール参朝
但副総裁始メ、公卿、諸侯及掛リ役員列座
一、皇帝陛下親シク勅日、貴国帝王安全ナルヤ朕之ヲ喜悦ス、自今両国之交際、益親睦、永久不変ヲ希望ス
仏公使日
天皇陛下今日各国公使等ニ拝謁ヲ賜ヒシハ、余仏国ニ封シ玉ヒテ、御厚意ナル確証ト仰キ奉ル也、貴国ノ衆民ニ於テモ如斯高明ナル証ヲ知ル上ハ、即チ天皇陛下ノ尊キ御宸意ヲ、遵奉スルコト疑ヲ容レサル所ナリ、故ニ今日ハ即後来ニ長ク祈念スヘキ日ニシテ、貴国ト各国ト至誠ノ交誼ヲ親クスル始ナルヲ以テ、余我国帝陛下ニ代リ天皇陛下並ニ貴国ノ幸福盛美ヲ祈リ、深ク神明ノ守護アランコトヲ奉顧也

同日、和蘭国公使デーテクヲフアンポルスブロツク、書記クラインケース参朝
一、皇帝陛下自カラ勅スル前ノ如ク和蘭公使日、随近報承リ候処、和蘭国王陛下安全也
天皇陛下長ク御安全ヲ保セ玉ヒ、且御在位幾多ノ年ヲ重ネ玉ハンコトヲ希望シ奉ル也
三月三日、英国公使ハルリーパークス書記ミツトホールド参朝
一、皇帝陛下自カラ勅スル前ノ如シ
英公使日、我本国帝王陛下安全也、天皇陛下御尋問ノ件々、且御懇親ノ勅意、余欣然トシテ本国政府ニ可奉通達也、夫外国交際ノ儀ハ貴国御政体ノ立ニ随テ、益堅固ナルヘク事ニシテ、此節貴国ニ於テ全国一般ノ御政体ヲ被為立、万国ノ公法ヲ基根ト被為遊シ故、追々外国交際盛ナルへキ義、必然ト奉存也、
皇帝陛下又勅日去ル三十日、貴公使参朝途中、不慮之儀出来、礼式延引遺憾之至ニ候、今日改テ参朝、満足ニ存候
英公使曰、先日参内ノ途中、暴発ニ出会セシ所、今日天皇陛下ヨリ、難有御倫言ヲ蒙リ且其場ニ於テハ天皇陛下臣人ノ助力ヲ受ケ、難有奉感佩、尚今日ノ厚キ御待遇ヲ以、過日ノ不幸ハ奉忘除候也
右之通ニテ相済、退出セリ