慶応4年50号

〓=「既」の下に「且」

太政官日誌第五十
慶応四年戊辰秋八月

【越後口官軍苦戦ノ事】
松本藩届書写
越後国上来伝村ヨリ、同国小向村之間道、字峠ト唱候土塁、弊藩神方新五左衛門隊ニテ守衛罷在候処、本月六日払暁、賊斥候隊ニモ可有之歟、人数多少不相分襲来、致発砲候ニ付即打払候処、賊徒蔭翳之地ニ身ヲ竄シ、小向村之方ヘ敗走、其節同隊戦士大沢破魔十郎疵ヲ受ク、其後賊徒共同国栃尾村薬師峠、同村字タカマチ場ト唱候両塁辺ヨリ、無昼夜時々致発砲候間、本隊ヨリモ緊シク発砲、其他同隊並加州藩中野佐吉郎一分隊ト合勢守衛之上来伝村地内、字張切ト唱候土塁ヘモ、同様昼夜致発砲候得共、是又砲撃、土塁厳敷警備罷在候ニ付、出先之者ヨリ報知有之候ニ付、御届申上候様、丹波守申付越候間、此段申上候、以上
辰七月廿四日 戸田丹波守家来 関杢右衛門

富山藩届書写
弊藩宮崎久兵衛一小隊、予テ出雲崎ヘ出張、本月十六日久田村ヘ繰出候処、賊兵村田領方丈山ヘ攻撃、依テ松代藩ヘ為応援、右山之手ヘ繰込、同藩固場、字爺ケ山〓続山手ヘ兵ヲ分配及砲戦候、賊兵新手相加リ、飛丸勢甚猛ク、挙隊紛骨尖トク打立、賊兵大死傷散乱、松代藩示合賊之方丈山ヘ衝入、直ニ乗取、賊兵敗衄致散走候、然ル処、右方丈山ハ地利不便ニ付、爺ケ山固場ヘ引取厳守罷在候、賊兵再挙、方丈山襲来、挙隊憤発砲戦、賊兵過半死傷致敗散候、方丈山近傍之諸山等迄モ進撃、申ノ時前賊兵致逃去候、弊藩一小隊、松代藩ト相与ミシ、爺ケ山固守、翌朝久田村ヘ引揚申候、其節死傷人名左ニ申上候
戦死 西村左太夫
浅手 二木清助
辰七月 前田稠松内 浅尾嘉左衛門
奥羽征討越後口
御総督府

同藩届書写
藤井、百束、両村之際ニ屯集之賊徒、本月二日卯刻前、長藩持場水門之台場ヨリ襲来候ニ付、弊藩持場一ツ屋台場ニ於テ拒戦及発砲候得共、賊兵益進戦、長藩前原兵部介任指揮、大砲兵隊共一旦福島辺ヘ引揚、直ニ佐五右衛門新田堤弊藩持場ヘ転陣、発砲激戦、田ノ口藩ト応援及進撃、一ツ屋台場辰刻後守返申候、其節創傷人名左ニ申上候
浅手 伊藤善右衛門
広瀬幾之助
深手 人夫六人
右之趣御届申上候、以上
辰七月 前田稠松内 浅尾嘉左衛門
奥羽征討越後口
御総督府

【常州平潟賊軍横行ノ事】
河越藩届書写
周防守領分、常陸国多珂郡平潟湊沖合ニ、去月廿八日卯中刻、蒸気船一艘相見候処、迅速入津、凡七十人程上陸仕、右人員ノ内、徳川藩羽倉鋼三郎、河野三郎ト名乗、同処陣屋詰ノ者ヘ応対ノ儀、掛合候ニ付、詰合ノ者及面会候処、当津ヨリ会津ヘ相越候間、人馬継立可申旨、且跡船同勢可罷越候処、兵食ニ差支候間米百五十俵差出候様及強談置、同日午刻過関田宿ヘ出立仕、右船ハ即日出帆、仙台辺ヘ参候哉ノ風聞ニ御座候、右百五十俵ハ其節不相渡候得共、自然跡船入津ノ節ハ、此上如何様ノ強談仕、終ニ掠奪被致候哉モ難計心痛仕居候旨申越候、且又去ル朔日、那倉ト申処ヨリ注進ニテ、軍勢押来候趣ニ付、不取敢夫々手配仕候内、突然陣屋門前ヘ奥羽ノ勢ノ由、凡四五人罷越、応接申入候ニ付、詰合ノ者及応対候処、種々強談ノ上、詰合ノ者両人陣屋地強テ引立、野外ヘ連出候処、前条那倉辺ヘ召連相越候趣ニ御座候、其節陣屋有合ノ兵器、金穀、速ニ差出候様、強而申聞候由ノ処、兵器ハ勿論、金穀共可差出貯モ無之旨種々相断候得共、段々及暴論、終ニ以兵力及強談候由ノ処、素ヨリ詰合人数少ノ儀ニ付、拒絶可仕様無之、不得止品書丈ケ相渡候趣ニ御座候、同三日仙台藩南館源左衛門、大江文左衛門、其外五十人程相越、猶跡勢モ多人数相越候哉ノ風聞御座候、然処、何分遠路懸隔ノ場所、其上途中所々見張等厳重有之候趣ニテ、往復難相成、此度差越候飛脚モ、間道通行、漸頃日川越表ヘ到着仕候仕合ニ御座候、右詰合候者ヨリ不取敢申越候ニ付、先御届申上候、以上
六月十七日 松井周防守内 福原円
先般御届申上候周防守領分、常陸国多珂郡平潟湊ノ儀、其後為探索両人彼地ヘ差出置候処、未罷帰候、然処、去廿七日平潟湊ヨリ、飛隼丸御船御出帆相成候ニ付、同所詰ノ者一人乗組相願、川越表ヘ罷帰、申出候ニハ、去ル七日、棚倉藩斉藤伊左衛門、新井伝吉、過日那倉辺ヘ連出候者両人ノ内、一人ハ棚倉ヘ召連留置候由、外一人召連、平潟表ヘ相越、右両人ノ者申聞候ハ領地取締支配等ハ其侭是迄ノ通、収納ノ儀ハ向後奥羽諸藩ヨリ掛合ノ都度々々可相渡旨申聞、先般書付丈相渡置候品々ノ内、終ニ此度品々及掠奪、猶十日ニ至リ脱走隊ノ内沢録三郎ト申者、人数召連相越、先頃談置候米百五十俵、是非共相渡可申旨強談有之ニ付、無余儀相渡候趣、其上同処町方ニ於テ、金子調達強談掛合中ノ処、去ル十六日沖合ニ蒸気船三艘相見候ニ付テハ、過日仙台ヨリ出張ノ人数並棚倉藩両人共迅速致散乱候、尤官軍御人数追々上陸有之、即日詰合ノ者共ヘ兵食焚出、近辺採索等可相勤旨、会計方ヨリ御達ニ付、不取敢相勤罷在候趣ニ御座候、此段御届申上候、以上
六月廿七日 松井周防守内 福岡円
右之通、於東京大御総督府ヘ御届差出候旨在所役人ヨリ申越候間、別紙写相添此段御届奉申上候、以上
七月廿八日 松井周防守内 津坂七左衛門

【奥州浅川付近ノ戦】
彦根藩届書写
当月十六日未明、弊藩人数分隊、出張為致置候浅川表東北ノ方ヨリ、賊徒凡千人計襲来候ニ付、互ニ大小砲ヲ以及戦争、終ニ土州藩及弊藩共、賊徒屯在致居候山上ヘ攀上リ、追撃致候処、賊徒敗走散乱候ニ付、午半刻比止戦仕候、討取、分捕、味方ノ死傷、別紙ノ通ニ御座候趣、出先ヨリ申越候条、此段御届申上候、以上
七月十七日 井伊掃部頭内 河手主水
分捕
一、首一級 仙台藩佐藤兵左衛門ト記有之
一、同三級 姓名不分
一、生捕一人 仙台藩大野良平
一、大砲四門 但線条加農二門、臼砲二門
一、弾薬五箱
死傷
討死 貫名徳次郎隊 平居新 高橋東八郎
手負 西脇邦太郎 中田要三郎
田中与左衛門隊 西田金蔵 大砲隊 林芳之助
以上
別紙二通之通、御総督府ヘ御届申上候段、在所表ヘ急報仕候ニ付、御届可申上様、中将申付越候、以上
七月廿九日 彦根中将内 新野古拙

附録、彦根藩隊長書状節略
一、岩城平去ル六日頃ヨリ、海軍勢攻撃致候処城中ニハ仙台三小隊、上杉二小隊、相馬二小隊等並江戸脱走徒百人計、本藩等相篭其城ヲ乗取ラレシト力戦致シ候故、大ニ苦戦ニ有之由ノ処、去ル十三日終ニ落城ト相成候趣ニ御座候
一、十六日浅川戦争ノ後、賊ノ死骸、山上ニ三十計有之、首級ハ無之由、是ハ必ス砲戦中討死致候者ノ首、取揚帰リ候モノト相見エ申候、生捕ニ尋候処、賊ハ仙台、三春、会津、二本松ノ由、惣テ精兵千余人ノ由、会津ハ五十人、仙台尤夥シキ趣申聞候